モスバーガーで「Suica」など交通系電子マネーが利用可能に―ポイントためよう!

モスバーガーで「Suica」など交通系電子マネーが利用可能に―ポイントためよう!

激辛モスバーガー

モスバーガーで、7月4日から「Suica」などの交通電子マネーが使えるようになる。

対象となっているのは、JR東日本の「Suica」、JR北海道の「Kitaka」、首都圏の「PASMO」、JR東海の「TOICA」、中部圏の「manaca」、JR西日本の「ICOCA」、JR九州の「SUGOCA」、九州圏の「nimoca」、福岡市の「はやかけん」。

モスバーガーではすでに5月に「楽天Edy」が利用可能になっていた。Visa、Mastercard、iD、銀聯などのクレジットカードブランドも、2017年度中に使えるようにするとしている。

すべてレジの設備を最新にしたおかげ。ちなみにクレジット決済は、 店員がカードを預かるのではなく、自分で機器に読み込ませることができる見込みで、安心感がある。

ところでマクドナルドでもすでにiD、WAON、楽天Edyが使えるが、2017年後半にはさらにVisa、Mastercardなどのクレジットカード、Suicaなどの交通系電子マネー、「nanaco」「QUICPay+」などが幅広く利用可能になる見込みだ。

いずれも普段からコンビニエンスストアなどで支払いに電子マネーやクレジットカードを使い、ポイントをためている人にはうれしい動き。

関連記事(外部サイト)