ソニー「α7S II」、宇宙へ―国際宇宙ステーション船外で4K映像を撮影

ソニー「α7S II」、宇宙へ―国際宇宙ステーション船外で4K映像を撮影

ソニーのアルファによる映像

ソニーのミラーレス一眼カメラ「α7S II」が民生品として世界で初めて、国際宇宙ステーション(ISS)船外で4K映像の撮影に成功した。

QFHD(3,840×2,160ドット)解像度で地球をとらえている。雪に覆われた峰々の凹凸や、大都市圏の街明かり、色調の違いまでを鮮明に捉えた宇宙からの日本列島の昼と夜の姿などだ。

α7S IIは、種子島宇宙センターから2016年12月9日に打ち上げられたISS補給機「こうのとり」6号機によって打ち上げ、2017年2月8日からISSにある日本の実験棟「きぼう」の船外実験プラットフォームにカメラシステムの内蔵カメラとして組み込んで使っている。

α7S IIの特徴は、35mmフルサイズExmor(エクスモア)CMOSイメージセンサー。ISO409600の高感度性能と広いダイナミックレンジに加え、光学式5軸手ブレ補正機能、画素加算のない全画素読み出しによる4K動画本体内記録機能を備える。

宇宙空間のような低光量の環境でも、ノイズの影響を最低限におさえた鮮明な高画質撮影が可能になるため、例えば宇宙から見た夜の地球など従来は撮影が難しかった場面や、「こうのとり」などの補給機がISSに近づくシーンなどでも、鮮明な4K映像で記録できる。

事前に宇宙航空研究開発機構(JAXA)が行ったさまざまなカメラの検証試験の結果、高真空、宇宙放射線、急激な温度変化など、宇宙ならではの過酷な環境に対する耐久性と信頼性を証明したという。

関連記事(外部サイト)