Twitterで藤井聡太四段の「なりすまし」横行―日本将棋連盟が注意喚起

藤井聡太四段の"なりすまし"がTwitterで横行 検索するとぞろぞろと顔写真や名前が

記事まとめ

  • Twitterで将棋の藤井聡太四段になりすます行為が横行し、日本将棋連盟が注意喚起した
  • ツイート数がわずかだったり、フォロワーも少なく、なりすましに成功してはいない模様
  • 藤井四段は14歳で史上最年少のプロ棋士となり、前人未踏の29連勝を達成した

Twitterで藤井聡太四段の「なりすまし」横行―日本将棋連盟が注意喚起

Twitterで藤井聡太四段の「なりすまし」横行―日本将棋連盟が注意喚起

藤井聡太四段のなりすまし

Twitterで将棋藤井聡太四段になりすます行為が横行している。藤井四段はTwitterを行っていないとして、なりすましの被害に遭わないよう日本将棋連盟が注意喚起した。

藤井四段は14歳で史上最年少のプロ棋士となり、さらにその後、前人未踏の29連勝を達成して一躍時の人となった。7月末時点でも34戦2敗と好調な成績だ。

日本将棋連盟でも人気に乗って藤井四段のTシャツにジグソーパズル、クリアファイル、茶碗・湯呑セット、扇子などさまざまなグッズを販売している。

こうした状況で、藤井四段の名前を騙って注目を浴びたい、あるいは金儲けに利用したいと考える人間が出てくるのは、ありがちなことだ。Twitterでユーザー名を検索するとぞろぞろと藤井四段の顔写真や名前を使った怪しげな情報が出てくる。

多くは発言数がわずかだったり、フォロワー数も少なかったりして、なりすましに成功しているという印象ではないが、用心はおこたらないようにしたい。

関連記事(外部サイト)