偽情報はどこから生まれる?対抗策は? 英調査報道集団「ベリングキャット」創設者が解説

英調査報道団体「ベリングキャット」創設者"偽情報"の背景解説 陰謀論者に共通点も

記事まとめ

  • ベリングキャット創設者のエリオット・ヒギンズ氏が「偽情報」拡散の背景を解説した
  • ヒギンズ氏は、陰謀論にのめり込んでいる人と、そうでない人の違いも解説
  • 陰謀論者は"裏切られたこと"が自らを定義づけるものだと思っていると説明した

偽情報はどこから生まれる?対抗策は? 英調査報道集団「ベリングキャット」創設者が解説

英国の調査報道団体「ベリングキャット」の創設者のエリオット・ヒギンズ氏が2022年9月20日、アジア太平洋地域の報道関係者向けにオンラインで講演した。

ベリングキャットは公開情報を分析する「オシント」(オープンソース・インテリジェンス)で知られ、多くの偽情報(disinformation、いわゆる「フェイクニュース」)を見破ってきた。こういった偽情報はなぜ生まれ、拡散するのか。その背景を解説した。

陰謀論者とそれ以外の人との違いは...?

「ベリングキャット」の最近の活動では、ウクライナの首都キーウ近郊ブチャで見つかった多数の遺体が、ロシア軍の支配下にあった時期から存在した可能性が高いことを衛星写真の分析をもとに指摘。虐殺を否定するロシア側の主張の矛盾を明らかにした。

ヒギンズ氏は、外部の何者かがオンラインコミュニティーに偽情報を流し、それが拡散するとの見方には「根本的な誤解」があり、偽情報はコミュニティー内部で作られるとみる。コミュニティーは偽情報を生み出すことそのものが目的なのではなく、「政府やメディア、NGO、医療関係者などの主要な情報源によって作り出された『偽情報』に対抗する」ことが目的になっているという。偽情報を生み出すコミュニティーは、最初から偽情報を発信しているわけではなく、何らかの集まりが変質してできることがある。例えばシリアでの化学兵器使用を否定するコミュニティーはイラク戦争に反対する運動に端を発し、新型コロナウイルスやワクチンをめぐる陰謀論を発するコミュニティーは、元々は代替医療に関連するコミュニティーだった。こういった人々に共通しているのは「ある種の権威に対して根本的な不信感を抱いていること」。さらに、陰謀論にのめり込んでいる人と、そうでない人の決定的な違いは「彼らが世界をどのように見ているか」だとみる。

陰謀論にのめりこむ人は、「裏切られたこと」が、自らを定義づけるものだと思っていると説明。ソーシャルメディア上で自分に似たような考え方しか聞こえなくなる、いわゆる「エコーチェンバー」の問題にも言及した。

「ソーシャルメディアの領域は、アルゴリズムの時代へと急速に変化したとさえ言える。検索エンジンやソーシャルメディア企業は、ユーザーが見たいと思うコンテンツや、すでに見たコンテンツに基づいたコンテンツを積極的に提供することで、彼らの信念を強化し、代替メディアの生態系に燃料を供給する」

■親ウクライナのポーランド人が破壊活動→フィンランド兵の射撃練習でした

ファクトチェックを速やかに行うことの重要性も強調した。一例が、「ウクライナ人のために行動しているポーランド人が浄水場の施設を破壊している」として「ロシアに支援された分離主義者」が22年2月にSNSで拡散した動画だ。動画では2人の兵士が木に発砲しているが、画質も粗い。

動画や画像には、撮影日などの「メタデータ」と呼ばれる情報が含まれ、ツイッターやフェイスブックに投稿すると削除されることが知られている。ただ、この事例では投稿されたのが「テレグラム」と呼ばれるSNSで、メタデータが残っていた。これを検証したところ、問題の動画は「事件」が起きる前に撮影された2つのファイルを組み合わせたもので、そのうちひとつは、フィンランドの兵士が射撃場で練習している様子を映した動画のファイル名と一致した。

この検証作業は動画発見から1時間以内に行われたといい、その意義を(1)「ロシアに支援された分離主義者」がプロパガンダの偽動画を作成する意欲があることを浮き彫りにした(2)ロシアを支持する人は、すでに(偽物だと)検証された動画を宣伝することとに興味がないので、動画の影響力をそぐことができた、と説明した。

検証の手法を普及させていくことの重要性にも言及。16〜18歳向けの教育プログラムがスタートしたことを紹介しながら、

「私たちの願いは、伝統的な調査方法とオープンソースの手法を組み合わせてインパクトを与える方法を示し、彼ら(若者)が自分たちの生活に変化をもたらす力を与えることだ」

と述べた。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

関連記事(外部サイト)