テレビとワイヤレス接続 くつろいだ姿勢に適した設計「ネックスピーカー」

テレビとワイヤレス接続 くつろいだ姿勢に適した設計「ネックスピーカー」

テレビとワイヤレス接続 くつろいだ姿勢に適した設計「ネックスピーカー」の画像

シャープは、ウェアラブルネックスピーカー「AQUOS サウンドパートナー AN-SX7A」を2019年3月16日に発売する。

低音の振動で臨場感あるサウンドを楽しめる

首にかけて装着し、周囲の音を遮らずにワイヤレスでテレビの音声などが楽しめる。低音域〜高音域までバランスのよい再生を実現したほか、独自の「ACOUSTIC VIBRATION SYSTEM」により、低音に振動が加わることで臨場感のあるサウンドを楽しめる。

ドラマやバラエティー番組などに適する「標準」に加え、映画やゲームなど重低音を強調する「ダイナミック」、ニュースなど人の声が聞きやすい「ボイス」3つのサウンドモードを備え、ジャンルやソースに合わせて好みに応じて再生できる。

耳よりもやや前方にスピーカーを配置するなど、くつろいだ姿勢に適した設計を施したといい、長時間でも疲労感の少ない快適なリスニングを実現。映像と音声のズレを抑える「aptX Low Latency」コーデックに対応し、付属のBluetooth(ブルートゥース)送信機をテレビに接続して、番組などのコンテンツをストレスなく楽しめる。

約5時間の充電で約13.5時間の連続再生が可能なバッテリーを内蔵する。スマートフォンと接続すれば、音声アシスタント「Googleアシスタント」「Siri」が利用できる。本機2台で同じテレビ音声が聴ける「デュアルストリーミング」に対応する。

Bluetoothバージョンは5.0。HSP、HFP、A2DP、AVRCP各プロファイル、SBC、AAC、aptX、aptX Low Latency各コーデックをサポート。microUSB充電ケーブル、microUSB給電ケーブル、光デジタル音声ケーブルなどが付属する。

価格はオープン。