20〜30代女性4割がおじさん世代のスマホの使い方に「不満」 幻滅してしまうポイントは

「通話の声が大きい」40-60代の男性上司に幻滅 「スマホ画面が割れている」で幻滅も

記事まとめ

  • 京セラが3月25日、「40代〜60代の男性とスマホに関する調査」の結果を公表した
  • 40-60代の男性上司のスマホ使用で「通話の声が大きい」が幻滅してしまうことの1位に
  • 2位以降の回答には「画面が割れている」や「画面が汚れている」など続いた

20〜30代女性4割がおじさん世代のスマホの使い方に「不満」 幻滅してしまうポイントは

20〜30代女性4割がおじさん世代のスマホの使い方に「不満」 幻滅してしまうポイントは

20〜30代女性4割がおじさん世代のスマホの使い方に「不満」 幻滅してしまうポイントはの画像

いまやスマートフォン(スマホ)は生活や仕事するうえで欠かせないアイテムだ。ただ、周りに配慮をした使い方をしないと、幻滅される理由にもなってしまう。実際、20代〜30代女性の約4割が「通話の声が大きい」40代〜60代の男性上司に対して「幻滅した」と答えている。

京セラ(京都府京都市)が2019年3月25日に公表した「40代〜60代の男性とスマホに関する調査」の結果から明らかになった。

仕事ができる人の共通点は「レスポンスが早い」こと

同社が大人のためのスマホ「URBANO V04」発売に合わせて行った本調査は、スマホを使用している全国の20代〜30代の会社員女性500人と、40代〜60代の男性500人が対象。いわゆる「おじさん」的な振る舞いの解消に繋がるかもしれない、URBANO V04の魅力をアピールするために、40代〜60代男性のスマホ事情について、性別・年代の異なるそれぞれの視点から検証した。

スマホについて尋ねる前に、まず20代〜30代の女性に「仕事ができる人の共通点」について質問した(複数回答)。最も多かった回答は「レスポンスが早い(53.8%)」、さらに「コミュニケーション能力が高い(51.2%)」、「仕事が丁寧(50.0%)」が僅差で続く結果に。また40代〜60代の男性にも同じ質問をしたところ、やはり「レスポンスが早い(65.4%)」が最多回答となった。細かな順位の違いこそあるものの、20代〜30代女性と40代〜60代男性とで、上位5位は同じ項目が票を集めた。京セラは発表資料で

「様々な連絡ツールが発達している昨今、仕事ができるあるいは仕事ができると他の人から思われるには、それらのツールを使いこなし、『レスポンスの早さ』を心がけることが不可欠のようです」

と分析している。

次に、20代〜30代女性から見た40代以上の男性の印象を調べた。「40代以上の男性を魅力的だと思うか」という質問に対し、「そう思う」が20.2%、「どちらかというとそう思う」が44.2%と、合計64.4%の女性が40代以上の男性を魅力的だと思っていることが明らかになった。その理由を複数回答で聞くと、「落ち着きがあるから(59.9%)」、「頼りがいがあるから(52.2%)」、「経済力・金銭的余裕があるから(46.0%)」といった回答が多く挙がっていた。

スマホの「通話の声が大きい」約4割の女性が幻滅

では20代〜30代女性にとって「40代、50代、60代の男性上司のスマートフォン使用に対して、幻滅してしまうこと」とは何か。1位は「通話の声が大きい(36.6%)」で、全回答中唯一30%台に上っている。なぜこの回答を選んだのか、理由を聞くと

「耳が遠いのかと思うから(東京都・35歳女性)」
「周りへの迷惑を顧みず、配慮が欠けている人は誰であっても幻滅。上司ならなおさら、人格を疑ってしまう(神奈川県・31歳女性)」
「周りに気をつかえない、おじさんくさい(大阪府・26歳女性)」

という厳しい意見が並んだ。なお、2位以降は「画面が割れている(28.2%)」、「画面が汚れている(21.6%)」、「相手の話を何度も聞き直す(21.0%)」、「着信時の音が大きい(20.2%)」という順に。「画面が割れている」と回答した人の理由としては

「いい歳して画面を直さないのかと思ってしまうから(愛知県・34歳女性)」
「粗雑な人柄なのかと疑ってしまうから(神奈川県・31歳女性)」

などがあった。