「令和」と聞いてどんな気持ちに? ソフトバンク「新元号を絵文字で調査」

「令和」と聞いてどんな気持ちに? ソフトバンク「新元号を絵文字で調査」

「令和」と聞いてどんな気持ちに? ソフトバンク「新元号を絵文字で調査」の画像

2019年4月1日、新元号が「令和」と発表された。

それを受けてどんな気持ちになったか、またどんな未来を想像したか、平成生まれの文字である「絵文字」で答えてもらう「#新元号を絵文字で調査」をソフトバンクが行い、4月1日に結果を公表した。

平成最後の日に食べたいもの、4割強が「寿司」

有効回答は1398人から得た。

まず、新元号「令和」を知った「今の気持ち」について、「表情の絵文字」で回答してもらった。1位は上を向き顔に手を当て「考えている表情(28.7%)」、2位は目を丸くして「驚いている表情(19.7%)」、3位 は「口を開けて笑っている表情(15.1%)」となった。ソフトバンクは調査結果から、

「『令和』にどのような意味が込められているのか自分なりに考える様子、初めて聞いた元号に驚いた様子、新しい時代の始まりを感じて笑顔になる様子など、さまざまな感情がうかがえる」

と発表資料で分析している。

平成も残すところ1か月だ。調査では「平成最後の日に食べたいもの」を尋ね、料理・食材の絵文字で答えてもらった。1位お寿司(43.6%)、2位お肉(16.3%)が選ばれたことから、ソフトバンクは「贅沢な料理・食材で『平成最後の日』を過ごしたいという気持ちがうかがえる」としている。3位以下はラーメン(10.2%)、ケーキ(6.3%)、おにぎり(5.5%)、カレーライス(4.4%)となり、国民食として愛される料理がランクインした。

最後に「新しい時代に最も期待すること」を調べた。回答はソフトバンクが実現に向けて取り組んでいる5分野「自動運転の一般化」、「人間とロボットの共生」、「自由な働き方の浸透」、「VR・AR(仮想現実・拡張現実)の実用化」、「AI技術による医療や保険の発展」を絵文字で表したものから選んでもらう形式だ。1位には「自由な働き方の浸透(44.8%)」が選ばれ、ソフトバンクは「今後のIT活用などにより『働き方改革』がさらに進むことを期待しているようだ」としている。

2位以降は「AI技術による医療や保険の発展(27.3%)」、「自動運転の一般化(13.6%)」、「人間とロボットの共生(8.4%)」、「VR・AR(仮想現実・拡張現実)の実用化(5.9%)」の順になった。