180度3D撮影と360度撮影が1台でできる

180度3D撮影と360度撮影が1台でできる

180度3D撮影と360度撮影が1台でできるの画像

SB C&S(旧ソフトバンク コマース&サービス)は、中国Shenzhen Arashi Vision製の360度カメラ「Insta360 EVO」を、2019年4月12日に「SoftBank SELECTION オンラインショップ」などのインターネット通販で発売する。

HDR対応、手ブレ補正技術も搭載

折り畳み式を採用し、本体を広げると180度の3D撮影、折りたためば360度撮影が可能。5.7K(5760×2880ピクセル)の360度動画、約1800万画素の360度静止画が撮れる。

「180度3D撮影」「360度撮影」両モードともHDR(ハイ・ダイナミックレンジ)動画と静止画の撮影が可能。後処理の工程が不要で、どの角度でも自然で明暗差のあるリアルな動画や静止画が撮れるという。手ブレ補正技術「FlowState」を備え、持ち歩きながらの撮影でも滑らかな3D映像が記録可能だ。

スマートフォンアプリ上で撮影する「TimeShiftモード」では、360度タイムラプス(早回し)動画が撮れる。またアプリとの連携で、撮影データの再生やカット編集、色合いの調整などが可能。「Facebook」「YouTube」などソーシャルメディアへの投稿も簡単に行える。

撮影データは付属の折り畳み3Dグラスとスマートフォンを組み合わせることで楽しめるほか、市販のVR(仮想現実)ヘッドセットでの再生にも対応。

外部メモリーはmicroSDカード(最大128GB)に対応しており、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0をサポート。容量1200mAhバッテリーを内蔵し、90分の充電で65分の連続撮影が可能だ。

小型の三脚、保護ポーチ、microUSBケーブル、microSDカード(32GB)が付属する。

価格は5万6570円(税込)。