15.6型ノートPC「VAIO S15」 5年半ぶりフルモデルチェンジ

15.6型ノートPC「VAIO S15」 5年半ぶりフルモデルチェンジ

15.6型ノートPC「VAIO S15」 5年半ぶりフルモデルチェンジの画像

ノートパソコン(PC)およびモバイル機器などを手がけるVAIO(長野県安曇野市)は、ノートPC「VAIO S15」を2019年4月19日に発売する。

4Kディスプレー、UHD BD対応の光学ドライブなど搭載

同社の創業以来初だという5年半ぶりのフルモデルチェンジ。メインストリームの「S Line」と統一されたデザインを採用した。

15.6型アンチグレア4K(3840×2160ドット)液晶ディスプレーを搭載。ディスプレーを開くとキーボードが持ち上がり、タイピングしやすい角度が付く「チルトアップヒンジ構造」を備えた、テンキー付きのフルキーピッチ・フルサイズキーボードを装備する。

キーボード周りからパームレストまでを凹凸のないアルミニウム製の一枚板で構成することで美しさと剛性感を両立するとともに、心地よいキー入力を実現したという。

そのほか個人向けモデルの主な仕様は、OSが「Windows 10 Home」(64bit)をプレインストール。CPU(プロセッサー)はインテル「Core i7-8750H」、メモリーは8GB、内蔵ストレージは128GB SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)と1TB HDD(ハード・ディスク・ドライブ)のデュアルドライブ構成。Ultra HDブルーレイ対応のブルーレイディスクドライブ、SD/SDHC/SDXCメモリーカードスロットを備える。

インターフェイスはギガビット有線LAN、USB 3.0×3(うち1つは給電機能付き)、Thunderbolt3対応のUSB Type-C×1、HDMI、ミニD-sub15ピンなど。IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.1をサポート。約3.0時間の充電で約4.8時間の駆動が可能なリチウムイオンバッテリーを装備。

カラーはシルバー、ブラックの2色。

市場想定価格は22万9800円〜(税別)。

また、OSやCPU、メモリー/ストレージ容量などが選択できる「カスタマイズモデル」も用意する。