「Dolby Atmos」「DTS:X」両対応 臨場感ある立体音響のサウンドバー

「Dolby Atmos」「DTS:X」両対応 臨場感ある立体音響のサウンドバー

「Dolby Atmos」「DTS:X」両対応 臨場感ある立体音響のサウンドバーの画像

ソニーは、サウンドバー「HT-X8500」を2019年4月20日に発売する。独自のバーチャルサラウンド技術「Vertical Surround Engine(バーティカル・サラウンド・エンジン)」と、平面方向に前後左右のサラウンドを表現するデジタル音場処理技術「S-Force PRO フロントサラウンド」により、バースピーカー1本で臨場感ある3次元の立体音響が手軽に楽しめる。

スリム形状ながら力強い重低音「デュアルサブウーファー」

従来のチャンネルベースに、音の位置や移動情報を加えた音声フォーマット「Dolby Atmos」や「DTS:X」に両対応するほか、テレビ放送などのステレオ音声も立体音響で再生可能。

高さ約6.4センチ、奥行き約9.6センチとテレビ前の限られたスペースにも置けるスリムな形状ながら、前面にサブウーファーを2基搭載した「デュアルサブウーファー」により力強い重低音を実現。

入力された4KおよびHDR(ハイ・ダイナミックレンジ)信号をそのまま4Kテレビに送信する「パススルー」、「eARC(Enhanced Audio Return Channel)」に対応。テレビとHDMIケーブルで接続するだけで、AV機器から伝送される高音質の音声フォーマットの再生が可能だ。Bluetoothにも対応し、スマートフォンなどの機器から、ワイヤレスで音楽の再生ができる。

市場想定価格は4万円前後(税別)。

また、合計230ワットの大出力アンプと16センチ径スピーカーユニットを搭載したパワフルなワイヤレス・サブウーファーによる迫力のサウンドが楽しめるほか、「S-Force PRO フロントサラウンド」を搭載したモデル「HT-S350」を5月25日に発売する。

市場想定価格は3万円前後(同)。