薄型軽量ながら高い耐久性 エイサーのノートパソコン新モデル

薄型軽量ながら高い耐久性 エイサーのノートパソコン新モデル

薄型軽量ながら高い耐久性 エイサーのノートパソコン新モデルの画像

パソコン(PC)およびタブレットなどを手がける日本エイサー(東京都新宿区)は、ノートPC「TravelMate X5」シリーズ新モデルを2019年5月中旬に発売する。

CPUやメモリー、内蔵ストレージの違う3モデル

いずれも筐体に軽量で高強度だというマグネシウム合金を採用し、薄型軽量に加え曲げやねじれにも強い耐久性も備える。触り心地がよく摩耗や腐食に強い表面加工を施す。

狭額縁の14型フルHD(1920×1080ドット)非光沢IPSディスプレーを搭載。180度開閉する「フラットヒンジ」を採用する。OSは「Windows 10 Pro」(64bit)をプレインストールする。

「Windows Hello」対応の指紋認証リーダー、バックライト付きのキーボードを装備。最長10時間駆動の容量4670mAhバッテリーを内蔵。USB 3.1 Type-Cポートは本体の充電が可能な「Power Delivery」に対応し、最大15ワットの電源供給が可能だ。USB 3.0ポート×2(うち1つは電源オフUSB充電機能付き)、HDMIポートなどを備える。

IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 5.0をサポート。カラーはグラファイトブラック。

最上位モデル「TMX514-51-H76Z」は、CPU(プロセッサー)がインテル「Core i7-8565U」、メモリーが16GB、内蔵ストレージが1TB(512GB×2) SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)を搭載。

スタンダードモデル「TMX514-51-N78U」は、CPUが「Core i7-8565U」、メモリーが8GB、内蔵ストレージが256GB SSD。ベーシックモデル「TMX514-51-N58U」は、CPUが「Core i5-8265U」、メモリーが8GB、内蔵ストレージが256GB SSD。

いずれも価格はオープン。