スマホカメラで天体を撮影、ビクセンからカメラアダプター

スマホカメラで天体を撮影、ビクセンからカメラアダプター

スマホカメラで天体を撮影、ビクセンからカメラアダプターの画像

総合工学機器メーカーのビクセン(埼玉県所沢市)は、「スマートフォン用カメラアダプター」を2016年10月6日に発売する。

天体望遠鏡や顕微鏡、フィールドスコープなどにスマートフォン(スマホ)を装着し、月や惑星、微生物やプランクトン、野鳥などを撮影できる。接眼レンズにアダプターを取り付ける方式で、直径19〜53ミリ、高さ20ミリ以上の円筒形の接眼部を持つ幅広い機器と組み合わせて使用可能だ。

アダプターの取付アームはスマホに合わせて無段階で自由に広げられ、108〜200(高さ)、58〜110(幅)、15(厚さ)ミリ以下の様々なスマホに対応。そのほか、サイズが合えばフィーチャーフォンも装着可能だという。

補助スリーブ×3個、スペーサー×2個が付属する。

価格は1万円(税別)。