画面に手書きでメモ、アラームと表示で通知 気づかせメモ「カクミル」

画面に手書きでメモ、アラームと表示で通知 気づかせメモ「カクミル」

画面に手書きでメモ、アラームと表示で通知 気づかせメモ「カクミル」の画像

デジタル文具などを手がけるキングジム(東京都千代田区)は、電子メモパッド「カクミル EM10」を2019年5月31日に発売する。

スリープ中も画面表示

タッチするだけですぐに起動し、紙にペンで書くような滑らかな書き心地のアナログ感覚で、液晶画面に手書きでメモを入力。予定やTo Doリストなど書いた内容を忘れないよう、アラームと画面表示で通知してくれる。

4.3型の電子ペーパーディスプレー(480×800ドット)を搭載し、紙のように見やすく、スリープ中も画面を表示したままにできる。加速度センサーを内蔵し、本体の向きを検知して画面表示を自動で上下回転。縦置きにも対応する。

また電卓やカレンダー、時計などの機能を備え、これ1台でデスク上のツールをひとまとめにできるという。

電源は単3形アルカリ乾電池×4本で、約3か月使用可能。本体メモリーにメモ最大99枚、To Do最大30件を保存できる。microSD/SDHCカード(最大32GB)にメモのインポート/エクスポートが可能だ。タッチペンが付属する。

カラーはストーングレー、スカイグレーの2色。

価格は1万4000円(税別)。