サムスン、ノート7の使用中止を呼びかけ 発火事故相次ぎ

発火事故が相次いだことを受けて、韓国のサムスン電子は2016年10月11日、自社のスマートフォン「ギャラクシーノート7」の使用中止をユーザーに呼びかけると発表した。

この問題で、サムスンはバッテリーに不具合があったとして、ノート7のリコールを行った。しかし、交換後の製品からも発火が相次いだことから、中止を呼びかけることにした。発火の原因については、調査中だとしている。