「Windows 10」の生体認証に対応、顔認証カメラ&指紋認証リーダー、マウスコンピューターから

「Windows 10」の生体認証に対応、顔認証カメラ&指紋認証リーダー、マウスコンピューターから

「Windows 10」の生体認証に対応、顔認証カメラ&指紋認証リーダー、マウスコンピューターからの画像

パソコン(PC)およびモバイル機器などを手がけるマウスコンピューター(東京都千代田区)は、「Windows 10」の生体認証機能「Windows Hello」対応の顔認証カメラ「CM01」、指紋認証リーダー「FP01」を2016年10月6日に発売した。

いずれもカメラに顔を向ける、センサーに指でタッチするだけで個人を認識し、パスワード入力不要で「Windows 10」搭載PCへ簡単にログインできる。接続はUSBを通じて行い、OSの持つセキュリティ機能を利用するため初期設定も簡単で、特別なソフトウェアなどは不要だ。

「CM01」は、カメラに顔を向けるだけで簡単にログインでき、パスワードの盗用やキーロガーソフトなどによるパスワード流出の心配がない。マルチユーザー対応で、家族やグループなどで共有するPCでも顔で識別するほか、赤外線カメラ(深度センサー)で顔の特徴を立体的に識別するため、写真や映像による「なりすまし」を防止できる。

直販価格は7980円(税別)。

「FP01」は、センサー部を指でタッチするだけで簡単にログイン。指紋でユーザーを識別するため共有PCでもアカウントの使い分けが可能だ。USBポートへの装着時の飛び出しは約10ミリ、重さ約5グラムで、PCに取り付けたままでの持ち運びに便利なコンパクト設計を施す。

直販価格は4980円(同)。