「サークルKサンクス」ドメイン失効→オークションに ファミマ広報「現在確認中」

「サークルKサンクス」のドメインがオークションに ファミリーマート「現在確認中」

記事まとめ

  • お名前ドットコムでサークルKサンクスのドメイン(circleksunkus.jp)が売られている
  • 「SEO対策に効果的」と題され、6日13時現在で入札額は約30万円となっている
  • 経営統合したファミリーマート広報は取材に対し、「現在確認中です」と回答した

「サークルKサンクス」ドメイン失効→オークションに ファミマ広報「現在確認中」

「サークルKサンクス」ドメイン失効→オークションに ファミマ広報「現在確認中」

「サークルKサンクス」ドメイン失効→オークションに ファミマ広報「現在確認中」の画像

ドメイン登録サービスのお名前ドットコムで、かつて存在したコンビニチェーン「サークルKサンクス」のドメイン(circleksunkus.jp)が売り出されている。「SEO対策に効果的」と題され、2019年6月1日から18日までのオークション形式で、入札額は約30万円となっている(6日13時現在)。

お名前ドットコムを運営しているGMOインターネットは「サークルKサンクスのドメインは所有者が出品したものではなく、更新期限が切れ、オークションという形で競売にかけている」とJ-CASTニュース編集部の取材に答えた。

期限切れ後の取得は「早いもの勝ち」

サークルKサンクスは2016年にファミリーマートと経営統合。以降、「サークルK」「サンクス」両ブランドは「ファミリーマート」へ転換され、18年11月30日には国内すべての店舗の営業が終了した。同日公式サイトの運用も終了していた。

それから半年あまり、なぜドメインがオークションにかけられているのか。GMOインターネット広報は19年6月5日、「circleksunkus.jp」は4月30日に更新手続き期限が切れたと、取材に答えた。期限切れ後も、所有者が再取得できる「猶予期間」が設定されているが、これも5月1日から20日まで。6月1日からは、所有者以外でも新規登録可能になった。お名前ドットコムには、5月以前から複数の登録希望者から申請があったため、いったん取得した上でオークションを行った。

「市場にでれば誰でも登録できるようになる。基本的にドメイン取得は早いもの勝ちなので、私たちはリリースされた瞬間にとりにいって、それでオークションという形をとっている」

「.jp」ドメインは日本レジストリサービス(JPRS)が管理している。所有者がいなくなり、お名前ドットコムが即座に登録。それをオークションにかけて、第三者が買える仕組みだ。ただ、第三者にドメインが受け渡されれば、成人向けサイトや、フィッシング詐欺サイトなどに転用されてしまうおそれもある。ファミリーマート広報にも取材したところ、競売にかけられている事実に関して「現在確認中です」と6日回答した。

(※6月6日17時30分:一部追記しました。)