なめらかな映像表示・120Hz駆動「IGZO」ディスプレイ シャープのフラッグシップスマホ「AQUOS R」

なめらかな映像表示・120Hz駆動「IGZO」ディスプレイ シャープのフラッグシップスマホ「AQUOS R」

なめらかな映像表示・120Hz駆動「IGZO」ディスプレイ シャープのフラッグシップスマホ「AQUOS R」の画像

シャープは、スマートフォン「AQUOS R(アクオス・アール)」を、2017年7月上旬以降に発売する。

メイン/サブカメラとも超広角レンズ装備

動きの激しい動画や画面スクロール時の文字も残像を抑えてなめらかに表示する、120Hz駆動の約5.3型WQHD(2560×1440ドット)「IGZO」液晶ディスプレイを搭載。風景の奥行きや素材の質感までリアルに表現する「HDR(ハイ・ダイナミックレンジ)」対応で、標準画質のコンテンツや本機で撮影した動画をHDR画質で楽しめる「バーチャルHDR」を備える。

約2260万画素メインカメラは焦点距離約22ミリ、約1630万画素サブカメラは約23ミリ相当の超広角レンズを装備し、風景をワイドに収める写真や動画を残せる。光学式に加え、動きながらの撮影に強く、ブレの少ない写真や動画を撮影できる電子式手ブレ補正を搭載する。

感情豊かに話しかけてくれる人工知能「エモパー」がさらに進化し、ユーザーの行動や習慣を学習して未来の予定や時期に合わせてやるべきこと(ToDo)を提案。回る充電台「ロボクル」にセットすれば、電話着信やメール着信時などにユーザーを探し、振り向いて知らせてくれる。

そのほかの主な仕様は、OSが「Android 7.1」をプレインストール。メモリーは4GB、内蔵ストレージは64GB。microSDXCメモリーカード(最大256GB)対応。IPX5/8相当の防水性能、IEEE 802.11 a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 5.0をサポート。バッテリー容量は3160mAh。

カラーは、マーキュリーブラック、ジルコニアホワイトのほか、NTTドコモモデルはクリスタルラベンダー、ソフトバンクモデルはブレイズオレンジ、auモデルはライトゴールドをラインアップする。