拡張モジュールでプロジェクターやスピーカー、光学ズーム付きデジカメに「変進」 スマホ「Moto Z2 Play」

拡張モジュールでプロジェクターやスピーカー、光学ズーム付きデジカメに「変進」 スマホ「Moto Z2 Play」

拡張モジュールでプロジェクターやスピーカー、光学ズーム付きデジカメに「変進」 スマホ「Moto Z2 Play」の画像

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、SIMフリースマートフォン「Moto Z2 Play」を2017年6月29日に発売する。

前モデルより薄型軽量化しながらプロセッサー・メモリーを強化

「Moto Z」シリーズ専用の拡張モジュール「Moto Mods」の装着が可能で、動画鑑賞用プロジェクターやオーディオスピーカー、光学ズーム付きデジタルカメラなど、多彩なデバイスへとトランスフォーム(変進)する。

デザイン性と耐久性を兼ね備えたメタルボディを採用。前モデルより1ミリ薄く、20グラム軽量化しながらプロセッサーやメモリー性能が大幅に向上した。

1200万画素メインカメラはf/1.7の明るいレンズを搭載し、レーザーとデュアル・ピクセルの両オートフォーカス技術の併用による高速フォーカスで、暗い場所でもシャッターチャンスを逃さない。

手首をひねるとカメラ起動、振り下ろすとライト点灯などのジェスチャー操作機能や、夜間になると画面を暖かいトーンに調整しブルーライトを低減する「ナイトディスプレイ(夜間表示)」機能などを備える。

主な仕様は、5.5型(1920×1080ドット)スーパーAMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載。OSは「Android 7.1.1」、メモリーは4GB、内蔵ストレージは64GB。microSD(最大128GB)対応。SIMスロットはnanoSIM×2、DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)対応。IEEE 802.11a/b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.2をサポート。バッテリー容量は3000mAh。

カラーはルナグレー、ファインゴールド、ニンバスの3色。

価格は5万3800円(税別)。