ユーザーの行動を学習、未来の「ToDo」を提案 水滴が付いても操作できる「AQUOS ea」

ユーザーの行動を学習、未来の「ToDo」を提案 水滴が付いても操作できる「AQUOS ea」

ユーザーの行動を学習、未来の「ToDo」を提案 水滴が付いても操作できる「AQUOS ea」の画像

ソフトバンクは、シャープ製スマートフォン「AQUOS ea(アクオス・イーエー)」を2017年7月中旬以降に発売する。

3010mAhバッテリーと省電力機能で余裕の電池持ち

光の透過率を高めるとともに消費電力を抑える約5.0型HD(1280×720ドット)「IGZO」液晶ディスプレイを搭載。また容量3010mAhバッテリーを内蔵したほか、一部の機能を制限して電池の消費を抑える「長エネスイッチ」など、電池持ちを気にせず長時間利用できるという。

IPX5/8防水、IP5X防塵性能を備え、バスルームやキッチンなどの水回りで画面に水滴が付いても快適に操作できる。

約1310万画素アウトカメラは「おすすめプラス」機能により、表現力の高い写真を簡単に撮影できる。また約500万画素サブカメラは自分撮り画像を自動補正し、美肌や小顔に仕上げてくれる機能を搭載。動画からベストなシーンを写真として保存でき、動きのある子供や動物などの写真もきれいに残せる「あとからキャプチャー」などが利用できる。

ユーザーの行動や習慣を学習し、未来の予定や時期に合わせ「やるべきこと(ToDo)」を提案する「エモパー6.0」、生活リズムに合わせ目に優しい明るさに自動調整する「リラックスオート」などの機能を備える。

そのほかの主な仕様は、OSが「Android 7.0」、メモリーは2GB、内蔵ストレージは16GBを搭載。microSDXCカード(最大256GB)対応。IEEE 802.11b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.2をサポート。ワンセグ、おサイフケータイなどに対応する。

カラーはホワイト、ブラック、ピンクの3色。