業界最高クラスのノイキャン性能 ソニーの完全ワイヤレスイヤホン

業界最高クラスのノイキャン性能 ソニーの完全ワイヤレスイヤホン

業界最高クラスのノイキャン性能 ソニーの完全ワイヤレスイヤホンの画像

ソニーは、完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」を2019年7月13日に発売する。

イヤホンの外側と内側に2つのセンサーを配置し、効率的にノイズを集音する「デュアルノイズセンサーテクノロジー」の採用により、完全ワイヤレス型としては業界最高クラスだというノイズキャンセリング性能を搭載。周囲の騒音を低減して音楽再生を楽しめる。

CDやMP3、音楽・動画配信もハイレゾ相当の高音質に

同社の完全ワイヤレス型では初搭載「DSEE HX」により、CD音源やMP3などの圧縮音源、音楽・動画配信サービスなどの様々な音源を、CDを超える高解像度「ハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源」相当にアップスケーリングできる。

片方のイヤホンを外すと自動で音楽を一時停止。左右のイヤホン本体にタッチセンサーを備え、音楽再生の操作や、一時的に音量を絞り周囲の音を取り込んで聞きやすくする「クイックアテンションモード」の起動が可能だ。

新型のBluetoothチップを内蔵し、左右それぞれに同時伝送する方式を採用。またアンテナを最適化することで接続性を高め、動画視聴時の映像と音声のズレを大幅に低減した。

スマートフォン専用アプリ「Headphones Connect」に対応。周囲の音の取り込み方を20段階で調整できる「外音コントロール」、スマートフォンの各種センサーを使用してユーザーの行動に合わせてノイズキャンセリング関連の機能を自動で切り替える「アダプティブサウンドコントロール」、「イコライザー」などが利用できる。

本体のみで6時間の再生が可能なほか、3回分充電できる付属のケースも含め合計24時間の音楽再生が可能。また10分間の充電で90分再生できる急速充電にも対応する。

カラーはプラチナシルバー、ブラックの2色。

市場想定価格は2万6000円前後(税別)。