VTuber「ゲーム部」声優、やっぱり変わっていた 運営社が発表、残る2人も変更へ

VTuber「ゲーム部」声優、やっぱり変わっていた 運営社が発表、残る2人も変更へ

VTuber「ゲーム部」声優、やっぱり変わっていた 運営社が発表、残る2人も変更への画像

4人組の人気バーチャルYouTuber(VTuber)ユニット「ゲーム部プロジェクト」のキャラクターの「声」が変わったのではないかとインターネット上で指摘されていた騒動で、同ユニットの運営会社Unlimited(本社・東京都品川区)は2019年7月17日、一部のキャラクター声優に変更があったことを正式に発表した。

同ユニットの他の2人のキャラクターについても、今後声優を変更することが決定しているという。

「検討を重ねた結果、今回新声優スタッフへの交代に至った」

Unlimitedは野口圭登・代表取締役名義で、公式サイトに声明を掲載。「今回皆様もすでにご存知の通りだとは思いますが、ゲーム部プロジェクトのキャラクター声優に変更がありました」と声優交代を発表し、「ゲーム部プロジェクトとしての目指す姿やそのための会社・声優スタッフのあるべき役割について検討を重ねた結果、今回新声優スタッフへの交代に至った次第となります」と説明した。

また、「本件につきましてファンの皆様へのご報告が遅くなってしまったこと、2019 年 4 月の会社からの声明を発表してから短い期間で変更を行うに至ったことでご不安やご心配をおかけしてしまったこと、心よりお詫びいたします」と謝罪。さらに「今後、夢咲楓と風見涼の声優スタッフも 2019 年 9 月上旬にかけて交代することが決まっています。具体的なタイミングについては確定次第、皆様にお知らせをいたします」とゲーム部の他のキャラクター2人についても声優交代することを明かしている。

同社は声優交代に際して、「今後は別の道を歩むことになりましたが、これまでゲーム部プロジェクトを支えてきた声優スタッフ 4 名の貢献には深く感謝しています。本当にありがとうございました」と感謝を伝えた。

文中の「2019 年 4 月の会社からの声明」とは、ゲーム部キャラクターの声優とされていた人物らが「パワハラ」などを受けているとツイッターで示唆したことを受け、同社が4月8日に発表したもの。そこでは「ゲーム部プロジェクトの声優スタッフ4名より、制作スタッフによる配慮を欠いたいじめとも受け取られるコミュニケーションが度重なりあった、という指摘とともに、業務辞退の申し入れがございました」と明かした上で、「声優スタッフとの話し合いの中で、待遇条件を改善すること、社内コミュニケーションを改善すること、決して同様の問題を再発させないことがゲーム部プロジェクトでの業務を継続する条件であることを確認・合意し、今後声優スタッフが充実した活動を続けられる体制を当社経営陣が責任を持って構築していくことを約束させて頂きました」と条件付きで声優を継続することを示していた。

「弊社が目指しているのは、VTuber というよりも...」

「声優変更」疑惑があがったのは、それからわずか2か月後の6〜7月上旬にかけてのこと。ゲーム部のキャラクター「桜樹みりあ」と「道明寺晴翔」の声が変わったのではないかとファンの間で指摘があがるようになった。今回の声明文では「支えてきた声優スタッフ 4 名」として、今後「夢咲楓」と「風見涼」の2人の声優も変更になるとしていることから、すでに声優変更しているのはやはり「桜樹みりあ」と「道明寺晴翔」ということになる。

声明では、ゲーム部プロジェクトについて「VTuber と言うより、色々な理由、動機でゲームに打ち込む 4 人の高校生の物語を描いているキャラクターコンテンツ作品という方が近いかもしれません」と指摘し、「弊社が目指しているのは、VTuber というよりも、どちらかといえば CTuber(キャラクターユーチューバー)という表現の方が、適切なのかもしれません」とも示す。

同社はファンに対し、「新しくなったゲーム部プロジェクトをこれからもさらに魅力的なコンテンツにするべく努力していきますので、ぜひこれからも応援していただければ幸いです」と呼びかけている。

(J-CASTニュース編集部 青木正典)