eスポーツ世界最大級イベント「Evo」 メイントーナメントだけじゃない、その見どころは?

eスポーツ世界最大級イベント「Evo」 メイントーナメントだけじゃない、その見どころは?

eスポーツ世界最大級イベント「Evo」 メイントーナメントだけじゃない、その見どころは?の画像

2020年の1月24日から26日にかけて、大型eスポーツイベント「Evo Japan 2020」が幕張メッセで開催される。

Evoとは「Evolution Championship Series」の略称で、1995年から開催されている世界最大級のeスポーツイベントだ。主に格闘ゲームを競技種目としており、当初は小規模なイベントだったが年々拡大し、今年8月にアメリカ・ラスベガスで開催された「Evo 2019」では合計1万4321人のゲーマーが参加するほどの大規模なイベントとなっている。

Evo Japan 2018は配信視聴者1000万人超え

「Evo 2019」には日本人も450人以上が参戦し、『ストリートファイターV AE』部門でボンちゃん選手、『ドラゴンボールファイターズ』部門でGO1選手が優勝するなど存在感を発揮している。

「Evo Japan」はEvoから派生した日本開催のイベントで、今回で3回目となる。最初の開催となった「Evo Japan 2018」は池袋と秋葉原で開催され、エントリー数は7119人、来場観客数が約1万4千人、配信視聴者数が1000万人を超える盛況となった。

海外からの参加者も非常に多く、会場はアーケードコントローラをかついで歩き回るゲーマーたちで溢れ、様々なタイトルで対戦を行なう場面がそこかしこで見られた。

今年2月には「Evo Japan 2019」が福岡国際センターで開催され、メイントーナメントだけで『鉄拳7』『ストリートファイターV AE』などの大会が行われ激しい戦いが繰り広げられた。

「Evo Japan 2020」の公式サイトでは『鉄拳7』『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』『ソウルキャリバーVI』の3タイトルがメイントーナメントタイトルとして既に公表されており、今後続々とタイトルが追加される予定だ。

サイドトーナメントでは、同人ゲームや非格闘ゲームも...

また、Evoでは、メイントーナメント以外の試合である「サイドトーナメント」も開催される。これは会場内で有志により開催されるトーナメントで、過去にブームを起こしたさまざまなタイトルの試合を観ることが出来る。

サイドトーナメントでは『ストリートファイターII』のような格闘ゲームのブームの原点となった作品や、『東方非想天則』のような同人ゲーム、『マリオテニス エース』『パネルでポン!』『ポップンミュージック』といった非格闘ゲームもタイトルとして登場する。

参加者は長年当該のタイトルをやりこんだベテランプレイヤーが多く、時間をかけて練り上げた熟練のスーパープレイが度々観客を驚かせている。Evoを観戦する際には、サイドトーナメントにも是非注目してもらいたい。

(eスポーツライター 早川清一朗)