折り畳んでコンパクトに持ち運べるスマホ向けスタビライザー

折り畳んでコンパクトに持ち運べるスマホ向けスタビライザー

折り畳んでコンパクトに持ち運べるスマホ向けスタビライザーの画像

映像関連製品およびドローンなどを扱うDJI JAPAN(東京都港区)は、スマートフォン(スマホ)向けスタビライザー「OSMO MOBILE(オズモ・モバイル) 3」を2019年8月19日に発売した。

ハンドル部分に各種ボタンを集約、片手で操作しやすい

同社が空撮および地上の撮影で培ってきたというジンバル(回転台)技術を用い、携帯性にすぐれる折り畳み式設計を採用。素早く展開してスマホを装着でき、手ブレを補正して安定した動画撮影が可能。人間工学に基づいた持ちやすいグリップ角度15度により、長時間撮影も快適に行えるという。

ハンドル部分に各種ボタンを集約し、片手での操作性を高めた。モードボタンを2回押すだけで、縦向きの「ポートレート」から横向きの「ランドスケープ」モードへ切り替えられる「クイックロール」機能を搭載。

トリガーボタンを1回押すことでフレーム中央の被写体の追跡を開始。そのほかジンバルの方向の固定や、スマホの前面/背面カメラの切り替えなどの操作ができる。側面にはズームボタンを備え、スマホの画面に触れずにズームイン/アウトが可能だ。約15時間のバッテリー駆動を実現した。

iOS/Android向け「DJI Mimo(マイ モーメント)」アプリでは、様々な音楽やビデオトランジション(切り替え効果)、フィルターなどを用いた編集が行える「ストーリーモード」に加え、「タイムラプス」「ハイパーラプス」「パノラマ」「スローモーション」などの各種撮影ができる。

価格は、スタンダード版が1万3500円(税込)、グリップ式三脚とキャリーケースを同梱するコンボ版は1万5660円(同)。