JBLから「Android TV」搭載「LINK BAR」などサウンドバー2モデル

JBLから「Android TV」搭載「LINK BAR」などサウンドバー2モデル

JBLから「Android TV」搭載「LINK BAR」などサウンドバー2モデルの画像

各種オーディオ製品を扱うハーマンインターナショナル(東京都台東区)は「JBL」ブランドから、サウンドバー「LINK BAR(リンクバー)」など2モデルを2019年8月23日に発売する。

パワフル&リアルな「JBL」サウンドが手軽に楽しめる

サブウーファーのないワンボディタイプで、パワフルでリアルな「JBL」サウンドを高いスペース効率で楽しめるという。

高さ60ミリの薄型ボディの「LINK BAR」は、自宅のテレビをインターネットに接続して「YouTube」などの動画配信サービスを大画面で楽しめるプラットフォーム「Android TV」を搭載。

「Googleアシスタント」による音声操作が可能。4K対応のHDMI入力×3系統、ARC対応のHDMI出力×1系統、光デジタル入力×1、AUX×1、イーサネット×1などのインターフェイスを装備する。

そのほかマイク内蔵のスマートリモコン、スマートフォンやタブレットなどとワイヤレス接続して音楽を再生できるBluetooth(ブルートゥース)などの機能を搭載する。

カラーはグレー。

価格はオープン。「JBLオンラインストア」での価格は3万9880円(税別)。

リモコンのボタン数を最小限に絞るなどシンプルな操作性を実現した「BAR2.0 All-in-One(バー2.0 オールインワン)」は、HDMI ARCに対応し、ケーブル1本でテレビと手軽に接続できる。

音量を絞った状態でも声帯域がクリアに聞こえるというサウンドチューニングを施し、映画やドラマのほかニュースや天気予報などでも快適に番組を視聴できる。「Chromecast built-in」およびBluetoothに対応する。

カラーはブラック。

価格はオープン。「JBLオンラインストア」での価格は1万7880円(同)。