シニアも「ガラケー」卒業できる カメラのキタムラ「スマホ個別教室」

シニアも「ガラケー」卒業できる カメラのキタムラ「スマホ個別教室」

シニアも「ガラケー」卒業できる カメラのキタムラ「スマホ個別教室」の画像

カメラチェーンのカメラのキタムラは、2019年9月1日からシニア向けのサービス「カメラのキタムラ スマホ個別教室」を全国約650店舗で開始する。

消費増税にともなうキャッシュレス化の推進や、次世代通信規格「5G」導入により「ガラケー」と呼ばれる携帯電話のサービス終了を控える中で、スマートフォン(スマホ)を使いこなせない高齢者の課題を解決するサービスだ。

目的に応じて12コースが選べる

教室では「カメラアプリの徹底活用コース」「安心・安全LINEの使い方コース」「ネットショップ・キャッシュレス活用コース」など目的に応じた11種類のコースと、利用者に要望されたレクチャーを行なう「フリーコース」を展開。料金は各コース1回30分あたり3000円(税抜)で、10分1000円で時間延長が可能。

8月29日に東京都内で行なわれたPRイベントでは、元プロ野球選手の東尾修さんと娘でプロゴルファーの理子さん、孫の石田理汰郎くんが出席した。

スマホを使いこなせず、いまだにガラケーを使っているという東尾さんは、会場内で「スマホ個別教室」を受講。写真の撮り方とインスタグラムの投稿を学び、その場で理子さん、理汰郎くんとの 3 ショット写真を撮影すると、さっそくアップロード。見事「インスタデビュー」を果たした。

また、カメラのキタムラは、敬老の日キャンペーンを8月30日から実施する。