65種類のメニューを自動調理できる電気圧力鍋

65種類のメニューを自動調理できる電気圧力鍋

65種類のメニューを自動調理できる電気圧力鍋の画像

日用品および生活家電などを手がけるアイリスオーヤマ(仙台市)は、電気圧力鍋「KPC-MA2-B」を、2019年9月12日に全国の家電量販店などで発売する。

発酵食品、低温調理に鍋料理も

65種類のメニューを搭載し、液晶画面の表示に従って料理のカテゴリーや食材からレシピを選択、ボタンを押すだけで煮物や炊飯、スープやお菓子などの自動調理が可能だ。

30〜100度の温度調整ができ、圧力調理のほかヨーグルトや塩麹などの発酵食品、ローストビーフや鶏ハムなどの低温調理まで幅広く対応。蓋を開けて「鍋モード」にすればグリル鍋としても活用でき、鍋料理やチーズフォンデュなども楽しめる。高さ約155センチと低めの設計で、卓上に置いても料理を取り分けやすい。

食材をセットしておけば、帰宅時間などに合わせて調理できる「予約調理」機能を備える。よく使うレシピのお気に入り登録が可能だ。「圧力調理」「温度調理」「鍋モード」「無水調理」「蒸し調理」「低温・発酵」6種類の手動調理メニューを搭載し、好みのレシピをアレンジすることもできる。

付属のレシピブックに加え、本体からQRコードを読み取り専用ウェブサイトからレシピの確認が可能だ。そのほか計量カップ、蒸しプレートが付属する。

参考価格は1万8800円(税別)。