業界最高クラスのノイキャン機能 ソニーのネックバンド型ヘッドセット

業界最高クラスのノイキャン機能 ソニーのネックバンド型ヘッドセット

業界最高クラスのノイキャン機能 ソニーのネックバンド型ヘッドセットの画像

ソニーは、ワイヤレスステレオヘッドセット「WI-1000XM2」など3モデルを2019年11月9日から順次発売する。

ワイヤレスでもハイレゾ音質

12月7日発売の「WI-1000XM2」は、ヘッドバンド型では業界最高クラスだという「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」を搭載。従来モデルと比べ約4倍の信号処理能力を備え、低域に加え中高域のノイズも大幅に低減するという。

2つのドライバーユニットを搭載した「HDハイブリッドドライバーシステム」と「QN1」の組み合わせによる高音質化を実現した。

ワイヤレスでもハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音質が楽しめる音声圧縮技術「LDAC」のほか、音楽ストリーミングサービスを含む様々な音源をハイレゾ相当にアップスケーリングする「DSEE HX」にも対応する。

イヤホンをより耳の奥で装着できる「アングルドイヤーピース方式」、首周りにフィットしやすいシリコン製のネックバンド、ケーブルにリモコンを装備するなど、装着性と操作性を高めた。

カラーはプラチナシルバー、ブラックの2色。

市場想定価格は3万5000円前後(以下全て税別)。

コンパクトな形状に一新されたワイヤレスヘッドホン「h.ear on 3」シリーズは、軽快な装着感ながら「LDAC」や「DSEE HX」対応によりハイレゾの高音質を楽しめる。ノイズキャンセリング機能を備えた「Wireless NC WH-H910N」、11月23日発売の小型軽量モデル「Mini Wireless WH-H810」の2モデルを用意する。

カラーはレッド、ブラック、アッシュグリーン、オレンジ、ブルーの5色。

市場想定価格は、「WH-H910N」が3万円前後、「WH-H810」が2万円前後。