炎上アワード受賞の西野未姫、2020年は「いい炎上」で注目されたい!

炎上アワード受賞の西野未姫、2020年は「いい炎上」で注目されたい!

炎上アワード受賞の西野未姫、2020年は「いい炎上」で注目されたい!の画像

元AKB48メンバーでバラエティータレントとして活躍する西野未姫さん(20)は、2019年は「炎上」で始まった1年だった。

西野さんは12年に14期生としてAKB48に加入。現エースの岡田奈々さん(22)、小嶋真子さん(22=19年卒業)とともに「三銃士」として注目されたが、大きすぎるリアクションから「バラエティー担当」として活躍してきた。17年の卒業後も多数のバラエティー番組に出演。19年もたびたび炎上してきたが、ダイエットに励んで注目を浴びたことで「いい炎上」もあることを知り、炎上への考え方も変わってきたという。

J-CASTニュース編集部が今年ネットで「燃えた」人物を表彰する、第2回「炎上アワード」受賞者に選ばれてしまった西野さん。19年を振り返ってもらうとともに、20年に向けた展望を語ってもらった。

(聞き手・構成・プレゼンター/J-CASTニュース編集部 工藤博司)

賞状の文面聞いて「私、ひどいこと言ってんな」

「貴殿は、AKB48所属時から大きすぎるリアクションで『バラエティー班』として活躍し、卒業後もテレビ番組で『握手会がゲロを吐くほど大嫌い』と発言するなど、『炎上芸』に磨きをかけました。にもかかわらず『3日で回復』するという強靭な精神力をたたえるとともに、今後の活躍を期待して、ここに賞します」(プレゼンターによる賞状読み上げ)

―― 受賞おめでとうございます。

西野: とても複雑です。賞をいただけることはなかなかないので、うれしいんですけど、炎上...。(賞状の文面を)読まれて「握手会がゲロを吐くほど嫌い」というのを聞いて、改めて「私、ひどいこと言ってんな」と思いましたね。でも、うれしいです!

―― ありがとうございます。西野さんは元々は「三銃士」のひとりとして「正統派」路線でした。「第二のまゆゆ」と呼ばれたこともありました。それが今では「炎上キャラ」。正統派路線から外れ、炎上路線に向かいだしたと思い始めたのはいつ頃ですか。

西野: AKB48の時に出演した「AKBINGO!」(日本テレビ)の企画「箱の中身はなんだろな?」がきっかけだと思います。そこでのリアクションが大きくて、バラエティー番組に出ていると楽しいと思うようになり、そこから太ったりして正統派ではなくなって...という具合です。戻れるところで止めておけばよかったのに、戻れない領域まで突き進んでしまったんですよね。

―― 「バラエティー班」寄りになっていったのは、周囲のリアクションが嬉しくなったからですか?

西野: そうですね。みんなが笑ってくれていることが嬉しいなと思いました。

―― その後、発言の調子も強くなっていきます。

西野: 調子に乗っていたのかもしれないですね、単純に。そんな気がする。メンバーの悪いところを見つけて、言って、それがめちゃくちゃ受けるんですよ。めっちゃ性格悪いんですけど、それが楽しくて。ずっとメンバーの粗探しをしていましたね。

―― 今振り返ってみて、まずかったなと思いますか。

西野: 思い返すと、めちゃくちゃ性格の悪いことをしていたなと思いますけど、もちろん言ってはいけないことは言ってなかったので、まあまあ別に、それで盛り上がっていたし、いいんじゃないかと思います。

「気持ち悪い」「うぜー」に「威嚇ふぁぼ」

―― どういったときに「炎上しているな」と感じますか。予感はあるのですか。

西野: やっぱりエゴサーチしたときの皆さんのコメントで、「ああ燃えてんな」って。「消えろ」といった書き込みも、めちゃくちゃ多いですよ。

―― 「エゴサはメンタルに悪いからやらない」という芸能人も多いです。

西野: 私は、あえて「いいね!」をしていましたね。「気持ち悪い」とか「うぜー」といった書き込みにも「いいね!」をしています。

―― ネット業界で言う「威嚇ふぁぼ」ですね。これまでで一番の「炎上劇」は何ですか。

西野: 1月1日放送の「爆笑ヒットパレード」(フジテレビ)ですね。女性タレントの19年の運勢を占う企画だったのですが、順位が最下位で...。占い大好きなのでめっちゃ信じちゃうんですけど、最下位がショックすぎて、パニくっちゃって「なんで?」の悲鳴しか言えなくて、そしたらめちゃくちゃ生放送で炎上してしまいました。
マネジャー: 放送事故みたいになってしまって。
西野: それで、ツイッターのトレンドが「あけましておめでとう」「西野未姫」「初日の出」。初日の出に勝ったんですよ。本当に、あの炎上の仕方は放送事故でした。「この人頭おかしい」「見ていられない」みたいな。それから今年はスタートしたんです。

―― それは炎上のパターンとしては少し珍しいですね。直接クレームを言われたりはしましたか?

西野: それはありませんでしたが、番組を見たスタッフさんや共演者に「正月の番組見て、西野未姫まじやばい奴だと思って、一生仕事したくないと思ってたんだよね」と何度か言われたことはあります。「でも実際仕事したら全然違ってしっかりしているんだな」と、いいイメージに変わったこともありましたが、「ほんとにこいつ無理」と言われたこともあります。

「しくじり先生」炎上騒動の裏側は...

―― 炎上は、ネットで話題になるということでもあります。西野さんの名前が検索された回数の推移を「グーグルトレンド」で調べたところ、最も注目されたのは19年12月初旬。ダイエットしてスタイルを競う「サマー・スタイル・アワード 2019」に出場し、鍛え上げられたボディを披露した時です。その次が19年3月末〜4月上旬。「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日)に出演し、握手会が「ゲロを吐くほど大嫌い」と発言した頃です。こうしてみるとネット上で注目されるというのは必ずしも悪口ばかりでもないようです。

西野: 「いい炎上」もありますよね。

―― そうですね。特にダイエットについては、20年1月27日には「デブぬけ 激太りした元アイドルが食べながらやせた奇跡のダイエット方法」(宝島社)も発売予定で、今後も話題になりそうです。一方で、握手会をめぐる発言はAKB48界隈では衝撃が広がりました。「燃えるなあ」といった予感はありましたか?

西野: もう1月1日からめちゃくちゃ炎上して、4月までもちょくちょく炎上していたと思うんですよ。だからちょっと頭がバグってて、炎上することにあんまり抵抗がないというか...。その時はあまり深く考えていなかったですよね。

―― この話は、事前に台本に書かれていたものなんですよね。

西野: 私との打ち合わせをした上で、台本に書かれていました。仮台本をいただいて家に置いていたら、母が遊びに来た時に見つけて、「握手会ゲロ吐くほど嫌い」の部分をめちゃくちゃ心配していました。

―― 「しくじり先生」では、200枚(約20万円分)の握手券を「まとめ出し」して約30分間にわたって説教したファンの話をしていまいした。こういった特異なファンはごく一部ですよね?

西野: みんないい人ですよ、基本は。ごく一部癖の強い方もいますが、みんないい人です。どんなに炎上しても、どんなことを私が言っても、ずっと応援してくれる人が10人くらいいます。

でもやっぱり握手会は「嫌いでした」

―― では、握手会が嫌いだというのは「盛った」表現だったのですか。

西野: 嫌いでした。握手会自体。まあ調子乗ってたんでしょう。普通に。握手会、最初はめちゃくちゃ好きで。人気の「三銃士」って言われたり。ただ、朝も早いし、休憩もないし、それで眠かったりとかして、「あー、めんどくさいな」って時もありましたね。それでさらに私が塩対応とかすると、ファンの方が怒ってきたりして、それに私調子乗ってたんで反発しちゃってた、って感じですね。常にずっと嫌いだったわけじゃないですけど、嫌いだった時期がありましたね。

―― 「FLASH」7月23・30号では、炎上しても「3日で回復」すると話してしました。ということは、今後も炎上路線を継続するつもりですか。それとも、やめたいですか。

西野: いや、やめたいというか...すべて私は今まで、嘘なく、正直に思ったことを言ってきて、めちゃくちゃ炎上して、でも今年の終わりごろにダイエットや恋愛リアリティショーで炎上が「いい炎上」に変わっていったんですよね。できれば炎上したくないですけど、多分めちゃくちゃ嫌われていたので、2020年はめちゃくちゃ好かれる1年にしたいですね。

―― 5月に放送されたラジオ番組「日曜のへそ」(ニッポン放送)では、「あんなんじゃね、自分が苦しいだけ」(指原莉乃さん)、「無理しないにしても、あのやり口は視聴者から飽きられるし、出てくりゃ出てくるだけ、叩かれるやり口」(土田晃之さん)といった声があがっていました。自分でも、そういった思いはありますか。

西野: 言うとおりだと思いますね、やっぱり。なんか、イメージが悪い。嫌われてるんです。クロちゃんぐらいの領域に行けば...とも思いますが、でもそこまでなかなか行けないじゃないですか。そうなるとひたすら嫌われるだけ。言っていることはすごく分かります。

「この1年で大人になったのかも」

―― そういえば、HKT48の村重杏奈さんと共演している動画チャンネル「俺ら」では、「みきちゃんほんとに大人になってて、人の話聞いてるのに、村重うるさい」といったコメントが結構ありました。炎上とは少し違いますが、「リアクション大きい」「やかましい」キャラは村重さんに譲って、別の方向性を考えていきますか。

西野: 最初のころ「うるさい」と言われたのは、緊張するとパニクっちゃったからなんですよ。テレビ出たてで緊張してるころはすごく空回りすることが多かったんですけど、この1年で色々な経験をして、まだまだですけどちょっと落ち着きを持ったというか周りの空気を少しずつ読めるようになったのかな、と思います。別に無理矢理静かにしたり、うるさくしてるわけでもなくて、ありのままでやっているので、私自身この1年で大人になったのかもしれないですね。

―― 確かに、最初はリアクションの大きさで注目されていましたが、キャリアを重ねる中で落ち着いてこられた。

西野: ダイエットをきっかけに、考え方が結構変わったかもしれないですね。すごく視聴者から嫌われても、共演者は「炎上することはいいことだよ」と言ってくれるんですよ。だから「別に炎上したところでいいですけど。『いいね!』しちゃうから」といった気持ちでいましたが、「サマスタ」あたりから、炎上に対する考え方が変わりました。すごく女子ファンが増えて、私がダイエット頑張っていることでファンの方が応援してくれて、私を見て頑張ろうと思ってくれる人がいることを知ると、「別に炎上することって、そんなにいいことではないんだな」という思いを持つようになりました。私も諦めてたんですよ、結構。人から嫌われるのが当たり前だし、私のことをあんまり好きって思ってくれる人なんてほとんどいないし、まあ仕方ないからいいや...って。でも、何かをきっかけに頑張れば、私のことを好きになってくれる可能性がゼロではないことを感じたので、「いい炎上」をできるように自分が頑張ればいい、という思いになりました。この1年、だから落ち着いたのかも。

なんか好かれる、人から愛される1年に

―― 悪口で目立たなくても普通に正当な努力をすれば...

西野: そそそ、まさにそうです!

―― 最後に、2020年に向けた意気込みをお願いします。どんな活動を頑張りたいですか。

西野: もちろんバラエティーを頑張りたいと思うんですけど、悪い炎上はしない1年にしたいです。なんか好かれる、人から愛される1年にしたいです。

―― 炎上とはお別れしたいと。

西野: したい。いい炎上で注目されたいです。

―― 「炎上」というと、「フルボッコ」にされてしまうネガディブなイメージがありますが、ネット上で拡散されて注目されるという意味では「バズる」という言葉もあります。どちらかというと「バズりたい」といったところですか?

西野: そう、燃えたくはないですね。(笑)「バズる」方でお願いします!

西野未姫さん プロフィール

にしの・みき 1999年生まれ。静岡県出身。2012年に14期生としてAKB48に加入。岡田奈々さん、小嶋真子さんとともに「三銃士」として注目されたが、大きすぎるリアクションから「バラエティー担当」として活躍してきた。17年の卒業後も多数のバラエティー番組に出演。20年1月27日には初の著書「デブぬけ 激太りした元アイドルが食べながらやせた奇跡のダイエット方法」(宝島社)を出版予定。