iPad Pro向けキーボード一体型ケース ノートPCのように文字入力できる

iPad Pro向けキーボード一体型ケース ノートPCのように文字入力できる

iPad Pro向けキーボード一体型ケース ノートPCのように文字入力できるの画像

パソコンおよびモバイル機器向け周辺機器などを扱うロジクール(東京都港区)は、iPad Pro向けキーボード一体型ケース「SLIM FOLIO PRO」2モデルを、2020年6月25日に全国の家電量販店およびインターネット通販などで発売する。

フル充電で約3か月使用可能

いずれもBluetooth(ブルートゥース)キーボードとケースが一体となっており、iPad Proでもノートパソコンのように効率の良い文字入力を実現するほか、本体を保護しながら持ち運びできる。

暗い場所での作業がしやすいバックライトを搭載。輝度は3段階で調節可能だ。キーボードはUS配列を採用。上部にはiOSショートカットキーを備え、各キーを押すだけで画面の明るさや音量の調節、検索ツールの起動などが行える。

側面にはスタイラスペン「Apple Pencil(第2世代)」を格納しながら充電できるスペースを装備。そのほかのデジタルpencilを固定可能な磁気ラッチも備え、ペンの紛失が防げる。

1日2時間で約3か月使用できるというバッテリーを内蔵。iPad Pro同梱のUSB Type-Cケーブルで充電が可能だ。

市場想定価格は、11型(第1、第2世代)向け「iK1174A」が1万6500円(税込)、12.9型(第3、第4世代)向け「iK1274A」が1万7820円(同)。