電子マネーや活動ログ機能を備える ソニーのスマートウォッチ第3世代モデル

電子マネーや活動ログ機能を備える ソニーのスマートウォッチ第3世代モデル

電子マネーや活動ログ機能を備える ソニーのスマートウォッチ第3世代モデルの画像

ソニーは、スマートウォッチ「wena 3(ウェナスリー)」を2020年11月27日から順次発売する。電子マネー機能、アマゾン提供の音声アシスタント「Alexa」への対応、活動ログ機能などを備えた「wena」シリーズ第3世代モデル。

メタル、レザー、ラバー素材の全3種

最薄部6.9ミリの腕時計バックル部にスマートウォッチの機能を集約したほか、通知の閲覧やタッチ操作が可能なタッチディスプレイを搭載。好みの腕時計などのヘッド部はそのままスマートウォッチ化することもできる。

電子マネー機能は「Edy」や「iD」、「QUICPay」などに加え、交通系ICカード「Suica」にも対応。バックル部をかざすだけで鉄道やバス、買い物などで利用できる。本機での残高確認やiOS/Android対応「wena 3」アプリからも利用履歴を確認可能だ。

バックル部に備えたディスプレイを上下左右にスワイプすることで、通知やスケジュール、天気予報など様々なアプリへ簡単にアクセスでき、スマートフォンを取り出さずに情報確認が可能になる。

デュアル光学式心拍センサーと独自アルゴリズムにより、歩数や消費カロリー、最大酸素摂取量(VO2 Max)、4段階の眠りの深さ、ストレスレベル、エネルギー残量などの活動ログがチェックできる。

ラインアップと市場想定価格(税別)は、腕時計としての高級感を追求したという「wena 3 metal」のシルバーが3万3000円前後、プレミアムブラックが3万5000円前後。

カジュアルな印象の「wena 3 leather」は、ブラウンが3万円前後、プレミアムブラックが3万2000円前後。

スポーティーな「wena 3 rubber」(ブラック)が2万4000円前後。

このほか、ヘッド部「wena Three Hands」は、工業デザイナーの山中俊治氏がデザインを手がけたといい、東京・パサデナ・オックスフォードの各都市をイメージした「-Tokyo Edition-」「-Pasadena Edition-」「-Oxford Edition-」3種。そしてセイコーと共同開発の「wiredwena」3モデル、「-PROMASTER Edition-」「-BRIGHTZ Edition-」「-SEIKO Mechanical Edition-」を「wena 3」と同時発売する。

また、イタリアのカーデザイナー、ファブリッツィオ・ジウジアーロ氏デザインによる、モータースポーツでの使用を想定し、ヘッド部が左右30度ずつ回転する構造の「desinged by Giugiaro Architettura」(シルバー、ブラックの2色)を21年3月12日に発売する。