ポケモン「ダイパリメイク」発表、一番喜んだ世代は? ツイッター分析で見えてきたもの

ポケットモンスター「ダイヤモンド・パール」リメイクに歓喜 ツイッターの反応分析

記事まとめ

  • ポケットモンスター「ダイヤモンド・パール」がリメイクされることが発表された
  • 15年越しの「リメイク」決定に、ポケモンファンたちから歓喜の声があがった
  • 「ダイパリメイク」に言及している層は、20代が63.9%と多数を占めた

ポケモン「ダイパリメイク」発表、一番喜んだ世代は? ツイッター分析で見えてきたもの

ポケモン「ダイパリメイク」発表、一番喜んだ世代は? ツイッター分析で見えてきたもの

ポケモン「ダイパリメイク」発表、一番喜んだ世代は? ツイッター分析で見えてきたものの画像

2021年2月27日未明、ポケットモンスター(ポケモン)のゲームソフト「ダイヤモンド・パール」(06年発売、ニンテンドーDS向け)のリメイク作品となる「ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール」(ニンテンドースイッチ向け)が2021年冬に発売されることが発表された。

15年越しの「リメイク」決定に、ネット上のポケモンファンは歓喜に沸いた。一体どんな層が発表を喜んだのか。ツイッターを分析して、浮かび上がってきたものは。

「リメイク」までのスパンは過去最長

「ダイヤモンド・パール」(ダイパ)はポケモンシリーズの完全新作4作目として06年9月に登場。神話が眠る自然豊かな「シンオウ地方」を舞台に、ポケモンとの冒険を繰り広げるストーリーだ。2作品合計の国内販売本数は500万本を超え、ニンテンドーDS向けソフト屈指の大ヒット作品となった。

今回、そのリメイク作品として発表された「ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール」は、「ダイパ」のストーリーはそのままに、ニンテンドースイッチで「懐かしの場所」をもう一度冒険できるとしている。

ポケモンシリーズのゲームでは、96年に1作目の「赤・緑」が発売されて以降、数々のリメイク作品が世に送り出されてきた。「赤・緑」のリメイク作品「ファイアレッド・リーフグリーン」は04年に発売。99年発売「金・銀」のリメイク「ハートゴールド・ソウルシルバー」は09年に、02年発売「ルビー・サファイア」のリメイク「オメガルビー・アルファサファイア」は14年に、それぞれ発売されている。原作からリメイクまでのスパンを見ると、「赤・緑」が8年、「金・銀」が10年、「ルビー・サファイア」が12年となっている。

今回の「ダイパ」のリメイク版は、これらよりも長い15年の期間を経て登場することになった。そのため、ネット上のポケモンファンの間では、数年ほど前からリメイクへの期待が絶えず。ポケモンの新作ゲームがYouTubeの公式チャンネルで発表されるたびに、「ダイパリメイク」というワードがツイッターのトレンドに入るのが、おなじみの光景となっていた。

「ダイパリメイク」の念願がようやく叶ったことを受け、ツイッター上のポケモンファンたちは「やったあああああああああ」「首を長くしてずっと待ってた」と喜びを爆発。インターネット掲示板「5ちゃんねる」の実況板「なんでも実況J」(なんJ)でも、発表から24時間以上経っても「ダイパリメイク」を語るスレッドが連続で立ち続けるなど、反響が広がった。

ツイート多かったのは小中学生で「ダイパ」に親しんだ世代

では、「ダイパリメイク」に言及している層とはどういったものなのか。J-CASTニュースは28日、SNS分析ツール「ソーシャルインサイト」を用いて、2月27日にツイッター上に投稿された「ダイパ」「リメイク」を共に含むツイート(リツイートを除く)を分析した。

発言ユーザーの年齢層を見ると、20代が63.9%と多数を占め、10代が33%で続いた。一方で、30代は3.1%、40代以降は0%と極端に少ない結果に。今回のリメイク発表にあたっては、小さい頃に「ダイパ」をプレイしていた人たちを指す「ダイパ世代」「ダイパキッズ」という言葉もよく聞かれた。ダイパが発売された15年前は、今の20代が5歳〜14歳の時期。ちょうど小学生、中学生の頃に「ダイパ」をプレイしていたことがうかがえる。

また、発言ユーザーの都道府県別の投稿割合を見ると、人口の多い東京都が14.5%、大阪府が8.2%と高い結果に。そして千葉(7.8%)、埼玉(7.6%)、神奈川(6.6%)、愛知(6.3%)と続き、作品の舞台「シンオウ地方」のモデルになったとされる北海道も6%と比較的高い割合を記録した。

ツイート内容がポジティブかネガティブかを判別する「ポジネガ分析」では、ポジティブが26.6%なのに対し、ネガティブが2.6%と、およそ10:1の比率で「ポジティブ優位」な結果となった。ポジティブなツイートには「楽しみ」「買う」「遊ぶ」といったワードが入っており、発売を待ち望むファンの様子が伝わってくる。

一方で、ネガティブなツイートに入っていたのが、「残念」「グラフィック」「グラ」という言葉。実際にツイッター上のポケモンファンの間では、今回公開された「ダイパリメイク」のグラフィックが、同じニンテンドースイッチ向けソフト「ソード・シールド」(19年発売)と比べると、「物足りない」という意見も聞かれている。

×