ノジマとスーパー三和、荷物運びロボットの実証実験を開始

ノジマとスーパー三和、荷物運びロボットの実証実験を開始

画像提供:マイナビニュース

ノジマはこのたび、米国の5 Elements Robiticsが開発した荷物運びロボット「Budgee(バジー)」を活用したコンシューマー向けのロボットの販売に向け、実証実験を行うと発表した。期間は2017年5月24日〜5月26日の2日間で、神奈川県内のノジマモール横須賀店および同モールの三和と共同で実施する。

同実証実験では、ノジマモール横須賀のノジマと三和に立ち寄った顧客に対し、店内でのショッピング中の荷物運びや、購入した商品を車まで運ぶ際の手伝いを荷物運びロボット「Budgee」が行う。

同ロボットは、センサーで利用者の後を自動でついていく機能と、スマホのアプリによるリモコン操作で動かす機能を搭載。本体にはセンサーが搭載されており、障害物を感知して自動で停止することができる。

実験期間中には、店頭で多くの顧客に利用してもらうことで、ノジマ店舗での販売を目標として、機能の改善や利用シーンの検討を進めていきたい考えだ。
(小松原綾)

関連記事(外部サイト)