ZMP、「RoboCar MiniVan」と「MicroAutoBox II」の連携オプションを提供

ZMP、「RoboCar MiniVan」と「MicroAutoBox II」の連携オプションを提供

画像提供:マイナビニュース

ミニバンタイプ自動運転技術開発用車両RoboCar MiniVanと dSPACE社MicroAutoBox IIとの連携オプションを提供開始

ZMPは、自動運転技術開発用車両「RoboCar MiniVan」を、dSPACE製のMicroAutoBox IIから制御可能にする「RoboCar MiniVan MicroAutoBox II 連携オプション」の提供を開始することを発表した。

「RoboCar MiniVan」は、同社が2015年から販売している自動運転技術開発用プラットフォーム。市販トヨタエスティマハイブリッドをベース車両とし、車載ネットワーク CAN(Control Area Network)を介して、ベース車両に搭載されているセンサ情報を取得でき、かつZMP独自のコントローラーによってドライブやステアリングの制御が可能な、研究開発向けの実験プラットフォーム車両。

一方、dSPACEの「MicroAutoBox II」は、高性能で豊富な自動車用入出力インターフェースと小型・堅牢な筐体を備え、テスト対象の車両に搭載して制御ロジックの開発や信頼性を検証できる制御開発用ツール。

このたび、ZMPが新たに提供を開始する、RoboCar MiniVanとMicroAutoBox IIの連携オプションを使えば、例えばMathWorksのMatlabやSimulinkなどを利用して、MicroAutoBox II上で行っていた制御ロジックやドライビングモデルのシミュレーションを、実車での確認手段としてRoboCar MiniVanを利用できるようになるという。

また、MicroAutoBox IIの多様なインターフェースを活用して、車両への制御と同時に複数のセンサーやアクチュエーターを操作した制御の開発シーンにおいて、実車での確認として利用可能になるということだ。

同オプションは、RoboCar MiniVan 購入時に添付されているサンプルプログラムとあわせて、2017年6月末より提供開始が予定されている。そのほか、RoboCar実車シリーズ(RoboCar MV2、RoboCar HV/PHV)との連携については、要望に応じての個別対応になるという。

なお、RoboCar MiniVanは、5月24日〜26日にパシフィコ横浜にて開催される「自動車技術展 人とくるまのテクノロジー展 2」のdSPACEブースに展示される予定となっている。
(早川厚志)

関連記事(外部サイト)