情報共有ツール「Oneteam」と営業支援ツール「Zoho CRM」が連携

情報共有ツール「Oneteam」と営業支援ツール「Zoho CRM」が連携

画像提供:マイナビニュース

Oneteamは5月23日、情報共有を活性化させるコミュニケーションツール「Oneteam」と、ゾーホージャパンが提供する営業支援ツール「Zoho CRM」とのサービス連携を発表した。

Oneteamでは、情報共有を活性化させるコミュニケーションツールOneteamの提供に加え、さまざまな業務ツールとの連携により組織内の生産性を向上させるコンサルティング事業を展開している。一方のZoho CRMは、中小企業やスタートアップの「業務を効率化する」ビジネスアプリケーション群を提供している。

今回の連携によって、Zoho Extension上に公開された Oneteam アプリを設定することで、Zoho CRM上に入力された企業別の商談情報を、営業スタッフ別に「営業日報」として「Oneteam」上で確認することができる。

また、営業スタッフは、Zoho CRMへ商談情報を入力するだけで、「営業日報」が作成されるため、重複して入力作業を行う必要がなくなる。また、「Oneteam」では、自動生成された営業日報ごとにコメントや「いいね!」などのリアクションを残すことが可能。各日報に対して、上司や同僚との間で、質問やアドバイスをし合うことで、チームの知見を高めることができる。
(山本明日美)

関連記事(外部サイト)