PBC、独インカディアと協業し、ディーラー向けソリューションを提供

PBC、独インカディアと協業し、ディーラー向けソリューションを提供

画像提供:マイナビニュース

パシフィックビジネスコンサルティング(PBC)は5月22日に記者会見を開催し、グローバルで4,000社以上の自動車販売業者に対してディーラーマネジメントシステム(DMS)を提供している独インカディアとの協業を発表。インカディアのDMS「incadea.dms」を日本向けにローカライズし、2017年10月からSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)として販売するという。

同サービスは、自動車販売会社向けの業務支援システム。PBC取締役 戦略事業推進室 室長の吉島良平氏は「これまで分断されていることの多かった業務プロセスを、見込顧客の管理から商談履歴、下取り車の査定や自動車の販売、アフターサービスに至るまで、ワンストップで管理することができる」と、その強みを語った。

また、マイクロソフト社の統合基幹業務パッケージ(ERP)である「Microsoft Dynamics NAV」をベースに開発されたDMSであるため、「Office 365」や「Microsoft Azure」といった各種サービスと連携でき、業務効率化に期待できるという。

記者会見では、インカディア アジア太平洋地域マネージング・ディレクターのリチャード・ハワード氏が「車を購入するまでに用いる情報収集や価格交渉などの手段として、オンラインとオフラインの間で、顧客の理想と実際のやりとりに大きなギャップが生じていることが多い」と現状の自動車販売の流れについて指摘。特に自動車を購入するミレニアル世代が増えるにつれ、オンラインの重要性が高まってきているという。

そして「我々はincadea.dmsを通じて、車の販売について顧客の理想と現状のギャップをなくしていきたい」と、ビジョンを述べた。

同サービスの参考価格は3ユーザーで月額3万円〜を想定。吉島氏は「最初はグローバルでincadea.dmsを使っている外資系ディーラーをターゲットとし、その後、日系のディーラーに向けて販売していきたい」と展望を述べた。
(安川幸利)

関連記事(外部サイト)