SBイノベンチャー、AIを活用して効率的な商品配達を可能にする新会社を設立

SBイノベンチャー、AIを活用して効率的な商品配達を可能にする新会社を設立

画像提供:マイナビニュース

SBイノベンチャーは5月24日、ネットショッピングで購入した商品を効率的に配達するサービス「Scatch!(スキャッチ!)」を提供する新会社・MagicalMove株式会社を設立した。

「Scatch!」と連携するECサイトで商品を購入すると、利用者は早朝(6〜7時、7〜8時、8〜9時)もしくは夜間(21〜22時、22〜23時、23〜0時)から商品の受け取り時間を選択でき、最短で即日の受け取りが可能になる。そのため、日中不在にすることの多い単身世帯や共働き世帯でも、商品を受け取りやすくなる。

配送会社は再配達するリスクを軽減することができるので、ドライバーの人手不足解消に役立てられる。また、AIが最適な宅配順序と配送に必要な車両数を提案してくれるため、配送会社は効率的な配達を実現できるという。

商品購入者は地図上でドライバーの現在地を確認できるので、商品の到着をある程度予測可能。商品が届くまで自宅で待機しなければならないというストレスから解放されるというメリットも提供できる。

これまで同サービスは、SBイノベンチャーによって運営されていたが、顧客の増加に伴ってMagicalMoveへ移管された。現在の対象エリアは東京のみだが、順次拡大予定だ。
(安川幸利)

関連記事(外部サイト)