CData kintone Drivers/Microsoft Access Driversの製品版をリリース

CData kintone Drivers/Microsoft Access Driversの製品版をリリース

画像提供:マイナビニュース

CData Software Japanは5月24日、サイボウズのクラウドアプリ開発ツールkintoneのデータと各種ツール間のシームレスな連携を実現する「CData Drivers for kintone」、および「CData Drivers for Access」の製品版をリリースすると発表した。

リリースエディションは、JDBC Driver、ODBC Driver、ADO. NET Data Provider、Excel Add-In、BizTalk Adapter、SSIS Componentの6種類。

CData kintone Driversでは、kintone APIをテーブル型にモデル化し、カスタムアプリにも動的にテーブル検出・取得が可能。BI、帳票、ETLツールやIDEからのkintoneデータ連携を容易に実現できる。標準SQLを使ってのCRUD(作成、読み出し、更新、削除)処理にも対応している。

Microsoft OfficeツールであるAccessは、データベースツールとしての利用に加え、Javaアプリケーションのデータソースの一部として使われているケースが多くある。しかしJava 8以降、JDBC-ODBCブリッジが提供されなくなったため、JavaアプリケーションからAccessへの接続がサポートされず、Java最新版へのアップデートをためらったり、Accessからデータベースの移行を余儀なくされているユーザー企業が存在しているという。

CData JDBC Driver for Accessを使うことで、カスタムJavaアプリケーションや、JDBCを使うBI、帳票、ETLなどのツールからMicrosoft Accessへのシームレスな接続が可能になる。

年度サブスクリプション(Desktop)ライセンスと税別価格は以下の通り。

なお、サーバライセンスや組み込みライセンスなどについては個別対応となる。
(山本明日美)

関連記事(外部サイト)