帝人、社員の子どもを保育所に入所させるための「保活」を支援

帝人、社員の子どもを保育所に入所させるための「保活」を支援

画像提供:マイナビニュース

帝人グループは、社員の仕事と育児の両立を支援する施策の一環として、5月22日より、社員が子どもをスムースに保育所に入所させるための活動(保活)をサポートする「保活コンシェルジュサービス」を導入した。

同サービスは、社員一人ひとりの状況やニーズに応じて、個人で収集しにくい情報の提供や「保活」アドバイスなどの支援を行うというもの。

具体的には、「希望する保育所に入所するまでの『保活』の進め方やノウハウ提供」「希望する保育所に入所できなかった場合の周辺保育所情報の提供」「各保育所の保育環境レポートの提供」「保活状況の最終確認や職場復帰に向けた電話カウンセリング」などを行う。

また、社員本人が妊娠中や産休・育児休職中の場合だけでなく、配偶者が妊娠中、産休・育児休職中の場合にも利用することができる。

同グループでは、同サービスを活用し、社員が円滑に「保活」を進めることで、これまで以上に育児休職からの円滑な職場復帰や、社員の仕事と育児の両立を推進していくとしている。
(辻)