L2BlockerとISM CloudOneが連携 - 管理されていない端末の検出が可能に

L2BlockerとISM CloudOneが連携 - 管理されていない端末の検出が可能に

画像提供:マイナビニュース

ソフトクリエイトは、同社の不正アクセス端末 検知・遮断システム『L2Blocker』において、クオリティソフトのIT資産管理ソフトウェア『ISM CloudOne』と連携したバージョン4.7.1を5月31日より提供すると発表した。

L2BlockerとISM CloudOneを連携することで、ISM CloudOneで管理している機器などのIT資産情報をL2Blockerと共有し、管理されていない端末を検出することができ、利用を認めていない端末を社内ネットワークに接続させない環境を構築することが可能となるという。

さらに要望に応じた構成でIT資産管理ツールとの連携が可能だという。
(丸山篤)

関連記事(外部サイト)