scouty、AIによるヘッドハンティングサービスを提供開始

scouty、AIによるヘッドハンティングサービスを提供開始

画像提供:マイナビニュース

scoutyは5月25日、人工知能(AI)によるヘッドハンティングサービス「scouty(スカウティ)」のオープンβ版を提供開始すると発表した。

同サービスは、ネット上に公開されている情報を基に、AIが導入企業の応募要件やカルチャーにマッチするエンジニアを自動で探し出し、推薦してくれるというもの。SNSや技術情報共有サービス、ブログといったオープンデータから、転職候補者の経験年数や希望年収といった単純な数値情報に加えて、エンジニアの書いたコードやブログ投稿から定性的な情報を踏まえた技術力をスコアリングする。

さらに、「どのプログラミング言語を使えるのか」「どの程度の開発力があるか」といった能力を定量化し、採用要件に合った候補者をスクリーニング。企業が過去に採用した成約データを活用し、独自のマッチングアルゴリズムを用いて約80万件のデータの中から人材を見つけるため、これまで採用担当者が人力で行っていた候補者抽出やデータベース化といった業務を効率化し、面談などに集中することができる。

また、機械学習や自然言語処理といった人工知能技術により、積極的な転職意志がない転職潜在層が次に転職しそうな時期を予測。エンジニアが転職を考えている時期を把握することで、より採用に繋がりやすいタイミングでスカウトメールを送ることができるという。

オープンデータから抽出するため、転職候補者は履歴書の記入や情報の登録といった手続きが不要。現在の職場では発揮しきれていないスキルや潜在的なニーズをAIが分析し、より活躍できる企業を提案してくれるという。
(安川幸利)

関連記事(外部サイト)