タイムズ24、カーシェア利用中のクルマの異常挙動を自動検知

タイムズ24、カーシェア利用中のクルマの異常挙動を自動検知

画像提供:マイナビニュース

タイムズ24は、6月1日より順次、カーシェアリングサービス「タイムズカープラス」を利用中の異常挙動を自動検知するセンサーを車両に搭載すると発表した。

同社が今回新たに導入するのは、通常走行では発生しない衝撃を検知するセンサーで、車両の異常挙動を検知すると、カーナビの画面に利用者の安全を確認する案内や、異常発生時の対処法を表示する。

さらに、カーシェアリング利用中の急減速・急加速の発生状況等を検知したデータを地図上にマッピングし、道路上の運転危険箇所の把握に活用。今回導入するセンサーにより検知した衝撃の大きさや、発生場所に関するデータについても収集・分析し、交通安全対策を推進するためのビッグデータとして活用することを検討していくという。
(丸山篤)

関連記事(外部サイト)