レオパレス21、必要書類のデータ入力業務にAI活用へ

レオパレス21、必要書類のデータ入力業務にAI活用へ

画像提供:マイナビニュース

レオパレス21は5月26日、AI insideと協業し、法人を対象とした賃貸契約時の入居者情報入力業務において、AIを活用した文字認識システム「Intelligent OCR」を6月1日より導入すると発表した。

加えて6月30日には、法人を対象とした賃貸物件退室時における必要書類のデータ入力業務においても同システムを導入する予定となる。

Intelligent OCRは、AI insideの持つAI「Neural X」を活用し、手書き文字を含む書類の文字認識を行い、デジタルテキストに変換する技術。画像認識と文字判断、自然言語的な観点からの文字判断を組み合わせることで、従来のOCRでは読み取ることができなかった手書き文字を高精度で認識することができる。

レオパレス21ではこれまで、各種申込書や社内書類の大部分を社員が手作業でコンピューターへ入力してきた。

今回のIntelligent OCRの導入により、入居者情報入力と退室時の書類入力業務においては、年間で約2万900時間の作業時間削減、約4200万円のコスト削減を見込む。これまで必要であった作業時間をさらなる顧客サービスの向上に振り分けることが可能となるほか、社員のワークライフバランス向上を実現したい考えだ。
(小松原綾)

関連記事(外部サイト)