Python 3 エンジニア認定基礎試験、本試験が開始

Python 3 エンジニア認定基礎試験、本試験が開始

画像提供:マイナビニュース

Pythonエンジニア育成推進協会は5月29日、6月9日より、Python 3 エンジニア認定基礎試験が全国のオデッセイ コミュニケーションズCBTテストセンターで通年受験が可能になると発表した。

Python 3 エンジニア認定基礎試験はNECマネジメントパートナーが作成し、試験監修メンバーとして、寺田学氏(CMSコミュニケーションズ代表取締役)、鈴木たかのり氏(ビープラウド Python Climber)、辻真吾氏が監修したもの。

内容は文法基礎を問うものとなっており、問題数は40問(すべて選択問題)、試験時間60分、合格ラインは正答率70%、受験料は一般1万円、学割5000円(いずれも税別)。

また、主教材であるオライリー・ジャパン「Pythonチュートリアル 第3版」の掲載内容を出題範囲としている。