軽量・小型リチウムイオン蓄電池「HUGシリーズ」より新商品 7月販売

軽量・小型リチウムイオン蓄電池「HUGシリーズ」より新商品 7月販売

画像提供:マイナビニュース

プライム・スターは、軽量・小型リチウムイオン蓄電池「HUGシリーズ」を2017年7月より販売開始すると発表した。新規製品は、小型で持ち運べる「HUG400」と大容量で長く使える「HUG3200」。価格はどちらも税抜きで、「HUG400」が150,000円、「HUG400」が980,000円程度。

前者(HUG400)の大きさは、高さ240mmで横225mm。質量は5.6Kgで、2lペットボトル3本程度。また、蓄電容量は390Whで、予測充電時間は100V交流で6から8時間、太陽光パネル120Wで4から6時間。入力は100V(200Vオプション)交流、直流、太陽光パネルの3機種。出力はAC/100(200Vオプション)、DC/USB、カーチャージ、6mmコネクタ。希望小売価格は税抜き150,000円程度。屋内専用となる。

後者(HUG3200)の大きさは、高さ600mmで横580mm。質量は47Kgで、「HUG400」と比べると非常に重いが、蓄電容量は約8倍の3.2kWh。予測充電時間は100V交流で6。入力は100V(200Vオプション)交流、直流、太陽光パネルの3機種。出力はAC/100(200Vオプション)、DC/USB、カーチャージ、6mmコネクタ。希望小売価格は税抜き980,000円程度。屋内専用となる。

2011年の震災以降、電力料金の上昇や省エネルギー化の需要の高まりより、太陽光発電を中心とした自然エネルギーを利用した発電の比率が上昇している。こういった流れの中で「万が一の電池切れに備えて、バッテリーを携帯する、つまり"電気を持ち歩く"ことが一般化しつつある」と同社は述べる。
(田中省伍)

関連記事(外部サイト)