A10、アプリ配信などマルチサービスを一元管理する「Harmony Controller」

A10、アプリ配信などマルチサービスを一元管理する「Harmony Controller」

画像提供:マイナビニュース

A10ネットワークスは5月29日、オンプレミスとマルチクラウド環境で、アプリケーション配信・セキュリティ・分析機能などを含むマルチサービスを一元管理できる「Harmony Controller(旧名Lightning Controller )」とADCの「Lightning ADC」を日本市場で提供開始すると発表した。

Harmony Controllerは、A10のビジョンである「Harmonizing application delivery and security(アプリケーション配信とセキュリティの調和)」を実現するための戦略的なソリューション。マイクロサービスとコンテナ技術で構成されており、マルチテナントに対応した拡張性の高いコントロールアーキテクチャを備えている。

個々のアプリケーション単位でリアルタイムにサービス状況を分析することを可能とし、データセンター内のハードウェアやパブリック・プライベートクラウド、ハイブリットクライド環境において、セキュリティとアプリケーションサービスの集中管理を実現するという。

従来のデータセンターとクラウド環境を1つのコントローラーから設定・管理できるアプローチをとっているため、ハイブリットアプリケーション環境に対応できるコントロールプラットフォームとなっており、新たに提供を開始するクラウドに特化したLightning ADCとハードウェア・ソフトウェアで提供している従来のThunder ADC シリーズ、オープンソースのロードバランサーのHAProxyと連携し、オンプレミスからマルチクラウド環境全体でアプリケーション配信とセキュリティの設定とポリシー、可視化を一元管理できる。

また、各環境のADCからの情報を統合してアプリケーション単位のレスポンスタイムなどのサービス提供状況を分析することができ、サービス事業者はエンドユーザーエクスペリエンスの改善を効率化することができるようになるという。Harmony Controllerが提供するアプリケーション単位の分析機能は、エラスティックなクラウドの機能を活用したインフラの最適化と、キャパシティプランニングを改善するとともに、パフォーマンスとセキュリティに関する異常をプロアクティブに検知して障害対応までの時間を短縮するとしている。

さらに、SaaSモデルとデータセンターやVMwareベースのプライベートクラウド、アマゾン ウェブ サービス(AWS)・Google Cloud Platform(GCP)・Microsoft Azureなど企業のクラウド環境内で、スケーラブルなソフトウェアとして利用できるセルフマネージドモデルの2つの形態で提供し、価格はオープン。

今後、Thunder SSLiやThunder CFWとなどのネットワーク、セキュリティ製品もHarmony Controllerへの対応を予定し、あらゆる環境化であらゆるサービスを統合管理できるHarmony Controllerを中核としたプラットフォームを強化していく方針だ。
(岩井 健太)

関連記事(外部サイト)