JR東日本、LINEで運行情報やコインロッカー空き状況を知らせる実証実験

JR東日本、LINEで運行情報やコインロッカー空き状況を知らせる実証実験

画像提供:マイナビニュース

JR東日本は5月30日、LINEを介した情報提供サービスの実証実験を5月31日から行うと発表した。アカウントの公開は5月31日午前11時の予定で、情報提供を行う「こども駅員」のアイコンが目印となっている。

具体的には、LINE ビジネスコネクトを活用した「JR 東日本Chat Bot」のLINEアカウントを試験的に公開し、このアカウントを「友だち追加」すると、ユーザーが登録した路線の運行情報、東京駅、池袋駅、新宿駅、上野駅、品川駅、仙台駅のコインロッカー空き状況が提供される。

運行情報を知りたい時は、「My 路線」「路線」とメッセージを送るか、メニューから「運行情報」を選択すればよい。

また、「コインロッカー」とメッセージを送るか、メニューから「コインロッカー」を選択すると、東京、品川、上野、新宿、池袋、仙台駅のSuicaコインロッカーのリアルタイムな空き情報を確認できる。

なお、グループトーク内で利用することにより、複数人での情報共有も可能となっている。