DNP、LINEを活用した企業のチャットボットサービスの提供を開始

DNP、LINEを活用した企業のチャットボットサービスの提供を開始

画像提供:マイナビニュース

大日本印刷(以下、DNP)とDNPコミュニケーションデザインは5月30日、チャットボットを活用し、生活者ニーズに合った企業情報を提供するサービス「DNP Chatbotプラットフォーム」を5月31日より提供開始すると発表した。

同サービスは、LINE ビジネスコネクトを利用し、生活者からの問い合わせに対して企業のLINEアカウントから各種情報を会話形式で生活者に配信する送受信システム。LINE上で交わされる会話に合わせて、タイミングよく商品情報や広告、画像、動画コンテンツなどを送ることができる。

なお、同サービスの第一弾として既に、東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)の「JR東日本Chat Bot」LINE公式アカウントに導入している。

これにより、JR東日本が提供する運行情報や駅のコインロッカーの空き情報などがLINEの会話形式で表示され、複数の生活者が同じ画面で手軽にタイムリーに情報を取得することが可能に。同アカウントでのサービスは、5月31日から実証実験として利用できるという。

DNP Chatbotプラットフォームは、初期費用が300万円(税別)、月額利用日が33万円(税別)〜となる。
(小松原綾)

関連記事(外部サイト)