トランスコスモス、電子チケットを起点にマーケティングを支援する子会社を設立

トランスコスモス、電子チケットを起点にマーケティングを支援する子会社を設立

画像提供:マイナビニュース

トランスコスモスは5月31日、エンターテインメント業界に特化した電子チケット発券とマーケティング支援を行う子会社「playground」を6月1日に設立すると発表した。

playgroundは、トランスコスモスの子会社である「Leonis & Co.」が手掛ける電子チケット発券システム「QuickTicket」事業を発展させ、エンターテインメント業界に特化したサービス開発とコンサルティング支援を行う。

QuickTicketはスマートフォン上のコミュニケーションアプリであるLINEやFacebook、メールなどで電子チケットを発券するサービス。チケット購買者は専用のアプリをダウンロードせずに、簡単に電子チケットを使い始めることができる。導入企業は既存のチケット販売・管理システムと同サービスをAPI連携するだけで利用可能なので、低コストで電子チケットを利用することができるという。また、システムメンテナンスやアップデート、コミュニケーションアプリの仕様変更への対応などはplaygroundが行うため、導入企業は常に最新の状態でサービスを利用できる。

playgroundは、QuickTicketの提供だけでなく、電子チケットによる来場者のデータ分析やデジタルコミュニケーションなどのコンサルティングを通じて、興行品質や顧客満足度、収益性の向上につなげる活動を構想策定から運用まで、一気通貫で支援する。

また、LINEやソーシャルメディアを用いたコミュニケーション・マーケティングに強みをもっているトランスコスモスグループの各種BPOサービスなどと連携しながら、エンターテインメント業界に向けた総合的なソリューションを提供していくという。
(安川幸利)

関連記事(外部サイト)