アスラテック×Forex、ロボットによる多言語対応業務をクラウドAIで支援

アスラテック×Forex、ロボットによる多言語対応業務をクラウドAIで支援

画像提供:マイナビニュース

アスラテックは30日、Forex Roboticsと技術提携を締結し、コミュニケーションロボットを遠隔操作するオペレーターの多言語による対応業務を、クラウドサービスによってサポートするシステムを共同で開発したと発表した。

同システムは、コミュニケーションロボットをインターネット経由でオペレーターが遠隔操作できるようにするシステム「VRcon(ブイアールコン)」をベースに、クラウド上のAI(人工知能)技術を用いた自然言語処理サービスをForex Roboticsが追加実装したもの。

VRconにより、コミュニケーションロボットに対して事前にプログラムされた動作では対応できない問い合わせや質問があった際にも、遠隔地にいるオペレーターがロボットをリアルタイムに操作して応答できるようになる。

また、連係するクラウドAIサービスは、多言語での翻訳、音声のテキスト化、テキストの音声化、機械学習を用いたFAQ回答といった自然言語による処理機能を備え、VRconと連携させることで、例えば「コミュニケーションロボットが受けた外国語の質問を、日本語に変換してオペレーター側に表示する」、「オペレーターによる日本語での応答を、任意の外国語に変換してコミュニケーションロボットから発話する」、「コミュニケーションロボットが受けた質問の内容をクラウド上のAIが解釈し、回答の候補をオペレーター側に提示する」といったことが可能となる。

これにより、オペレーターが話さない外国語での質問にも応答できるほか、システムが質問への回答作業を補助することでオペレーターの負担を軽減することが可能になるということだ。

なお、今回開発したVRconとクラウドAIとを連携させるシステムは、さまざまなシステムインテグレーターやアプリ開発会社とパートナーシップを結び、まずはPepper向けのサービスとして展開していく方針だとしている。
(早川厚志)

関連記事(外部サイト)