ソニー、体感型トイ・プラットフォーム「toio」発表 - レゴを使った"工作バトル"も

ソニー、体感型トイ・プラットフォーム「toio」発表 - レゴを使った"工作バトル"も

画像提供:マイナビニュース

ソニーは、体感型のトイ・プラットフォーム「toio(トイオ)」を発表した。発売日は2017年12月1日だが、同社のクラウドファンディングとEコマースのサイト「First Flight」にて、前述の発売日前に配送する先行販売も行う。

市場推定価格(税抜き)はトイ・プラットフォーム「toio」『TA-T010』が2万円前後、toio対応タイトル「トイオ・コレクション」『TA-C0S001』が5,000円前後、「工作生物 ゲズンロイド」『TA-C0EU01』が4,000円前後。

「toio」は、ソニーコンピュータサイエンス研究所での次世代インタラクション研究を元に、ソニーの新規事業創出プログラム“Seed Acceleration Program(SAP)”を通じて生まれた製品。コンソールとふたつのコアキューブ、ふたつのリングがセットになったものを1セットとして、遊びやゲームなどのコンテンツが入った別売りの対応タイトルと組み合わせることで、直接おもちゃを触りながら操作し、アクションゲームやパズルゲーム、動きのある工作などの遊びを楽しむことができるという。

同プラットフォームを利用して遊ぶにあたって、最初に各タイトル付属のカートリッジをコンソールにセットし、キューブを専用のマットの上に乗せる。キューブには、マット上の位置を正確に検出する絶対位置センサーと高性能モーターが搭載されている。キューブはマット上の位置をリアルタイムに検出可能で、コンソールからの無線指示に従って多種多様なルールやシナリオ、アルゴリズムに沿った正確な動きを実現するとしている。

この技術により、例えば、アクションゲームの場合、マット上に描かれた仕掛けをキューブが通過すると、センサーがその情報を読み取り、スピンするなどキューブの動作を変えることができ、タイトルによって変わるルールやシナリオに基づく動きが展開される。

toioの発売に合わせて、レゴジャパンの協力によるレゴ製品(別売り)などと組み合わせて遊ぶことができる工作バトルゲーム、プログラミング発想を育むパズルなどの5つの遊びが入った「トイオ・コレクション」、クリエイティブグループのユーフラテスの監修による、紙とキューブで生物のような作品を作る「工作生物 ゲズンロイド」の2本のタイトルの発売を予定している。さらに、バンダイやソニー・ミュージックエンタテインメントをはじめとするパートナー各社がタイトルを企画・開発中で、以降もtoio対応タイトルは順次拡充されていく予定となっている。

なお、「toio」はそして6月1日から4日まで開催される「東京おもちゃショー2017」タッチ&トライを開催する(一般日は3日、4日)。
(杉浦志保)

関連記事(外部サイト)